1から12 を表示中 (合計: 1506件)
憧れの兄嫁と 赤瀬尚子

憧れの兄嫁と 赤瀬尚子

仕事の関係で兄の家に居候中の僕。兄とは生活リズムが違い、あまり顔を合わせていないが、兄嫁の尚子さんはとても良くしてくれるので、僕は日々楽しくドキドキしていた。それもその筈、昔兄から尚子さんを紹介してもらった時から自分もあんな素敵なお嫁さんをと妄想していたから。ある日仕事の予定が変わり帰宅すると、なんと尚子さんがエロ動画を見ながら一人自慰をしていた。そっと立ち去ろうとしたがその姿を尚子さんに気付かれてしまった。自室に逃げ込むと、尚子さんがやってきた。見ましたよねという問いかけに頷いてしまった僕。軽蔑しますよねと言われ、首を横に振る。そして僕は緊張のあまり尚子さんの事が好きですと告白してしまっていた。すると尚子さんはさっき見た事は内緒にしてくれる?と聞いてきた。もちろんと頷くと、じゃあ内緒にする代わりにと、そっと目を閉じ唇を僕に近づけてきた…。

義母の隣に寝たあの日から… 白鳥寿美礼

義母の隣に寝たあの日から… 白鳥寿美礼

僕たち夫婦は妻の母、義母の寿美礼さんと同居の3人家族。思い切って部屋をリフォームする事にしたのだが、作業の関係で1週間ほど同じ部屋で寝る事になった。初日、緊張して寝付けずにいた僕は、妻越しに見える義母の爆乳から目が離せない。そっと近づき乳を鷲掴もうと思ったが思いとどまった。二日目。やはり妻越しに義母の爆乳は揺れている。妻はぐっすりと眠っており、僕は我慢できず義母の横へ。柔らかなおっぱいを堪能していたが、義母の股間が気になり、そっと指を忍ばせてみた。じわりと溢れる蜜に興奮が抑えられなくなった僕は急いでその場を立ち去るとトイレに駆け込みチンポをしごきまくった。3日目。おとなしく寝ていた僕は心地よい刺激で目が覚めた。見ると、義母が僕の股間に顔を埋めしゃぶっていた。慌てる僕に義母は昨日私にもしていたでしょ?と言うと僕の射精を口で受け止め飲み干してしまった…。

許して...この婿の子供が欲しい 柏木舞子

許して...この婿の子供が欲しい 柏木舞子

娘が妊娠し目に見えてお腹が大きくなってきた。娘の体を心配しつつも新しい家族の誕生を待ちわびる舞子。今日は娘婿が一人晩酌中に舞子もご相伴に預かる事にした。楽しく飲んでいたが、娘婿の発言に可愛いと思ってしまい婿をからかった。すると、婿がお義母さんが色っぽいから本気にしちゃいますよ?妻とは妊娠してからしてないですし、溜まってるんで。お義母さんが本気なら…と言うと席を立ってしまった。舞子は婿の言葉にドキドキがとまらなくなってしまった。ある日娘が検診で外出。いってらっしゃいと声を掛け振り向くと婿と目があった。つい目を逸らしてしまう。すると婿が近づき舞子の肩に手を乗せた。舞子は婿の行動に戸惑い困ってしまうが、抱きしめられると抑えが利かなくなり、ついに婿と一線を越えてしまうのだった…。

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 大嶋しのぶ

僕、三十歳叔母さんで童貞すてれました。 大嶋しのぶ

訳あってしのぶ叔母さんの家に厄介になっている僕。30過ぎて童貞でと思っていたがバイト先の女の子と上手くいき初彼女が出来た。しのぶ叔母さんも自分の事のように喜んでくれてやっと一人前になってきたと思っていた。そして念願の彼女とお泊り旅行を計画し、出発当日。何時になっても彼女が来ない。やっと連絡がと思ったら、店長と付き合うから別れる。そして再び連絡が取れなくなった。僕は落ち込み泣きながら帰宅。僕の落ち込みは激しくしのぶ叔母さんにも冷たく当たってしまった。するとしのぶ叔母さんは僕を優しく抱きしめ、童貞を気にしているんだったら私と初めてをしてみる?貴方の為なら何でも協力するわと微笑んでくれた。そしてゆっくりと唇を僕に当てた。焦る僕を優しくリードしてくれ、僕はしのぶ叔母さんと一つになれた。ある日帰宅すると、僕の部屋でしのぶ叔母さんがオナニーをしている所を目撃してしまった。そそくさと部屋を出て行こうとするしのぶ叔母さんを引き留め、僕もしのぶ叔母さんとセックスしたいと告げた。本当にいいのと聞くしのぶ叔母さんは可愛らしく、もう童貞じゃない僕は少し余裕があるように振る舞った。しのぶ叔母さんに再びレクチャーされながら行為をするが、僕はしのぶ叔母さんを気持ち良く喜ばせたかった。何度もしたがる僕にしのぶ叔母さんは微笑みながら受け入れてくれ、お互い絶頂へと達していった…。

憧れの女上司と よりぬきスーパーベスト8時間2枚組

憧れの女上司と よりぬきスーパーベスト8時間2枚組

僕の上司は厳しいけど包容力があって美人でとても仕事ができる人だ。まさかそんな憧れの女性と一夜を共にできる日が来るなんて…。憧れの女上司と男女の関係になった夜。上司宅で愛し合う二人はもはや恋人に…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… さつき百合

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… さつき百合

再婚して、今度はうまくやっていけると思っていたが、妻の酒癖の悪さに日々嫌気がさしていた。そんな折、前の妻・百合と偶然再会した。その日は休みで、妻は外出、私は百合を少し強引に家に誘った。二人お茶をすすりながら近況など話すうち、私は百合と結婚していた頃のことを思い出していた。体の相性も良く、何度も求め合っていたあの頃。ふと百合を見ると彼女もあの頃を思い出していたようで、少しもじもじとした顔をしていた。私はハッと思い出した。あの顔は百合が求めている時にしていた表情だと。私は百合に覆いかぶさると百合の弱い所を攻め立て愛撫した。嫌がりながらも体を預けてくる百合の姿に、私はたまらなく興奮し、勃起した下半身を百合に見せつけた。困ったと言いながら少し嬉しそうな百合の股間を押し開き、ゆっくりと中へと滑り込ませていった…。

近所の清楚な人妻 隠せない溢れ出す性欲 中山穂香

近所の清楚な人妻 隠せない溢れ出す性欲 中山穂香

自宅から何気なく外を見ていると、ある一軒の家が覗き見えた。すると上品そうな奥さんが現れた。あんな女性とお付き合いしたいなぁと思わず見とれてしまった。それからちょくちょく彼女の部屋を覗いていた。暫くして仕事の現場で訪れたお宅は、なんとあの女性の家だった。ドキドキしながらも作業をすると、日課だというヨガを始めた。ピッチリしたヨガスタイルに目のやり場に困りながら仕事をし、今日の作業は終了した。そして作業2日目。笑顔で迎えてくれた彼女に思わず抱きつき体を弄ってしまった。しかし彼女は嫌がるセリフは言うものの愛撫を拒む事はなく、ビクビクと体を震わせ感じていた。怒られると思ったが、私の手を掴むと、もぅ責任取ってくださいねと言い、私の服を脱がせ始め、汗臭い私の体を味わうように舐め始めた。彼女の舌は軟らかく滑らかに動き、ビンビンになった肉棒を嬉しそうにしゃぶり始めた。彼女は下着を脱ぐと股間を私の顔へ押し付けつけてきた。愛液が滴りそうな程潤っている秘部を私は夢中で舐め尽くした…。

専属妻 高杉美穂 奇跡の41歳AVデビュー 高杉美穂

専属妻 高杉美穂 奇跡の41歳AVデビュー 高杉美穂

タカラ映像からまたもやデビュー!!抑え切れない性欲で勝手に腰が動いてしまい、その度に揺れまくる41歳の美巨乳熟女「高杉美穂」さん!!とにかくチンポが大好き!!最初から飛ばしております!!

憧れの女上司と 鈴木真夕

憧れの女上司と 鈴木真夕

美人で仕事出来る女と評判高い鈴木さん。仕事に厳しく新入社員だった僕もよく怒られていた。しかしちょっとした時の表情や仕草が可愛くて僕は彼女ことが好きだった。あれから数年経ち僕は鈴木さんとの新規プロジェクトを行うことになった。僕は鈴木さんに褒めてもらうため頑張っていた。ある日新規開拓営業周りに二人で出掛けたが上手くいかない。そうこうしていると電車が止まっており、仕方なく食事を兼ねて居酒屋に。しばらく時間を潰すが未だ電車は動いていなかった。結局僕は鈴木さんの家にお邪魔させてもらうことになった。好きな上司の家に二人きり。僕は意を決し告白し手を握りキスをした。気まずくなった僕はコンビニへ。戻ってくると鈴木さんは困ったような怒ったような顔をしていた。鈴木さんがさっきの告白は本気なのか聞いてきた。僕はハイと答え手を握りキスをした。彼女は優しく微笑むと僕を抱きしめてくれた。それからはまるで夢のようだった。彼女の体を十二分に味わい、お互い何度も求まった。翌朝、僕は隣で眠る彼女に気づき、昨日の事が夢じゃなかったと実感した。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 矢田紀子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 矢田紀子

バツイチの俺は数年前若くて気立てが良い今の妻と結婚した。順風満帆な筈だった。付き合っている時はわからなかったが、妻は金遣いが荒く、遊んでばかり、最近は俺を蔑ろにしている。当たり前だが夜の生活は皆無だ。家に帰っても居場所がなく俺はこの先どうするか悩んでいた。そんな時、偶然受けた仕事場が、なんと元妻の家だった。元妻を目の前にして俺は、その当時の事を素直に詫びた。自分が大人になれなかったから離れて行ってしまった紀子。作業が終わり俺は紀子と夫婦だった時の事を思い出していた。まるで磁石のように惹かれあい、何度もなんども愛し合った事を。俺は紀子をマジマジと見つめた。あの時よりムチっとして漂う女匂に俺はつい紀子に抱きついてしまった。紀子の体を弄り、彼女が好きだった所を攻めてみる。嫌がって逃げようとするが、昔と変わらず敏感に反応し、俺はたまらなく興奮してしまっていた。そして半ば無理やりに挿入すると、今まで待っていたかのようにスルリと滑らかに俺を受け入れて行った…。

あん時のセフレ...は友人の母親 春菜はな

あん時のセフレ...は友人の母親 春菜はな

この女性が僕の初めての女性になる人…当時僕は何かしら理由をつけては友達の家に遊びに行っていた。きっと彼女に逢いに来たいだけだったんだと思う。若い時に出産したらしく、とても綺麗でこの頃の僕には凄く刺激的だったんだ…。

ネトラレーゼ 妻が会社のお偉いさん達に寝取られていた話 成宮いろは

ネトラレーゼ 妻が会社のお偉いさん達に寝取られていた話 成宮いろは

私の発注ミスで会社に大きな損失を出してしまいました…クビも覚悟していたのですが上司が庇ってくれました…あの時は神様の様に見えました…しかし裏では妻が愛人…いえ性処理の道具として相手する事…そんな契約が結ばれていたのです…私だけが何も知らぬまま出張に行ってました…しかし…その場の妻の姿が動画で送られてきたのです…。

1から12 を表示中 (合計: 1506件)