当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

1から12 を表示中 (合計: 104件)
奇獣ノ箱詰-キモデブが愛したアニコス2 & 他コス-8時間

奇獣ノ箱詰-キモデブが愛したアニコス2 & 他コス-8時間

アニメ、ゲーム、制服等コスチュームプレイで括った総集編「奇獣シリーズ」。援助金のかたに性行為を要求され、彼氏兼プロデューサーの前でもサービスさせられてしまう地下アイドルのマリナ編や若手声優の同期にハメられ、偽の枕営業に斡旋されたアイドル声優の卵ミオン、ナリカを時系列順に収録。その他、アニコス以外にもナース服、学生服、スク水、バニーガール等キモメンデブ男の趣味嗜好デップリ、いやタップリのお洋服を着せられた被○者どもの阿鼻叫喚(各種プレイともいう)を揃え、調○過程がある作品では制服プレイ以外も漏らさぬよう収録し多面的な楽しみ方ができる仕上がりに。各映像は撮影素材から見直し、新規映像を新たに60分追加。現在の少々進歩した技術力で一部リモザイクや映像処理をほどこした新アレンジともいえる真打バージョンとして再構築。抜きやすさを目的とした大胆なカットも健在で実用性が備わった520分。写真を撮影した翌日からひどい悪夢を見続けた表1写真はあくまでイメージ。映像には入っていません(撮影から数年経って呪いが大丈夫そうなので使用)。

ver.知名度狩リ3 辻さくら ~AV女優版カースト 3つの階級

ver.知名度狩リ3 辻さくら ~AV女優版カースト 3つの階級

心が折られて、もうAV辞めようかとすら思った前作から2年。ついにあの地獄のキモ男密着ドキュメントが復活!実は2022年の春に撮影されてはいたものの諸事情まみれで1年以上もリリースが難航した問題作(いつもこんなこと言ってるけど)。結句、撮影時にはデビュー3カ月で100本弱のリリースを誇った「驚異の新人」という女優の二つ名からタイムリーさが抜けてしまったり、追加撮影のトラブル中にAV新法の波にのまれて色々な事が中止になった、いわく付きどころかほぼ事故物件。今作のテーマは女優の格。単体、キカタン、企画といわれるヒエラルキーやファンビジネスを巡る女優の精神的な立ち振る舞いにも迫る。元単体女優とキカタン女優の上下関係からくるトラブルを発端に始まった今回の撮影は関係者のインタビューを交え、キモメンデブ男とのキッスつき公園デート、口移しのお食事、連続イラマチオ、真正中出しと玉屋レーベルのフルコースへと繋がり女優の内面を映し出す。ただ、この作品の本当の結末が分かるのは5年後なのだろう。彼女にとって、これが表現だったのか有名になるための身売りだったのか、その頃には答えが出ているはずだ。元AV関係者という肩書さえ手に入れてしまえば、食っていくための目も当てられない選択肢は山ほどあるし、今や誰もがファンサイトでせっせとオナニーを披露する時代になった。囲ったファンにエロ写真を売りつけてさえいれば引退後も安泰だ。まるで携帯に初めてカメラが付いた時にはびこったパンチラ動画を売りさばくタイプの援交のようで、そのどれもこれもがAVと呼ばれるのならば「AV堕ち」という言葉の重みは増してくる。裸になるだけで知名度が手に入るAV界で蟲毒に巻き込まれ、名声欲に飢えた刺激物となるのか、表現者でいられるのか、品性と秘密と嘘を換金しながら生き永らえる「元AV関係者」になるのか。5年後10年後アダルトビデオに価値は残っているのか。それを我々も知りたいと思う。

奇獣ノ箱詰-キモデブとのネトラレ2-8時間

奇獣ノ箱詰-キモデブとのネトラレ2-8時間

10作目となる奇獣シリーズは原点に立ち戻ったネトラレ集。今回も実は因果関係があったユウコ編とマミ編、ミウ編とカオル編といった作品同士を繋いだり、未使用映像60分以上追加したりと過去作を知っているユーザー様にもお楽しみいただける内容。オムニバスと言っても出来合いのモノを切って出しただけじゃないんですよ…と主婦の夕飯っぽい愚痴を言いたくもなる手間暇。バイト先で出会った運命の人、幼馴染、同級生等の恋人達を翻弄するのはお馴染みのキモメンデブ男。更に玉屋レーベルに影響された盗撮魔や、彼女がヤラせてくれないから襲ってほしいと懇願する童貞が登場。寿司屋の醤油をペロペロしてしまうことも頷けるビックリ世代の投稿者達。モテないブ男どもが嫉妬に狂った見苦しい映像の数々は8時間以上。もちろん被害者に落ち度いっさいナシ。それどころかSEX中に彼氏に謝らせたり、下半身サイズを問いただしたりとネタにされて興奮材料にされてる始末。玉屋レーベル初期の一部巨大モザイク、フリッカー等の初期ヒド映像等も少々ブラッシュアップして再編集というよりもほぼアレンジ。各作品がオリジナル版から生まれ変わったほんのり真打バージョンは本作でも健在!

ver.キミトラレ ▼「また明日ね」と、クラスメイトは嘘をつく

ver.キミトラレ ▼「また明日ね」と、クラスメイトは嘘をつく

うだつのあがらないオタクとツンツンしてるけど彼にだけは優しいギャル。そんな都合のいい人生はありはしない。夢を見たいのなら異世界にでも転生すればいい。現実は甘くない。忌み嫌われ、煩わしく思われ、差別されるのが気持ち悪いオタク。世間はずっとそういう扱いを続けてきた。あぶく銭欲しさに萌え絵を破ってきた似非フェミや、それに拍手を送るガンギマリの正義面がSNSでそう示してきた。オタクはキモいし人権等ないのだと。適当なアイドルの設定に使われるだけの「陰キャ」だの「ぼっち」だのという言葉が、いったい何の救いになると言うのだろうか。最先端のオシャレなギャルが流行のスニーカーすら履けない男に関心を向けるはずがない。しかし、この映像では奇跡的に想いが通じた。分かち合った。それは何度打ちのめされてもオタクが彼女に関わり続けようとしたからだろう。献身的な想いがあったからだろう。ただの同級生から始まった二人の恋の話。そして、お互いの想いが近づくほど見えてくる彼女の裏側。隠し撮りカメラに広がるメスの痴態。大好きなあの子とキモメンデブ男との真正中出し、浴尿、喉奥イラマ。強くあらねばならない理由の影に守るべき幼い妹と母親の存在。二人のために捧げられた悪夢のような日々。これまで誰にも期待されてこなかった気弱な陰キャは彼女を救い出すことができるのだろうか。彼女の為に立ち上がることができるのだろうか。

ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん

ver.キミトラレ ▼さよなら、ねえさん

当シリーズをネトラレというタイトルにしなかったのは既にこの映像があったから。自分の元を離れていったのが恋人でも配偶者でもなく、溺愛する家族だったケース。いつまでも猫かわいがりする姉と、それを煩わしく振舞いつつも感謝が絶えない弟。二人で支え合い、生きてきた姉弟が本作の被害者だ。起きられずにいる弟の頬を寄せ迎える朝。今日あった出来事だけで笑い合える夕食の時間を過ごし、「オヤスミ」と手を振り眠りにつく。幸せな毎日。弟には夢があった。映像監督になる夢。本当はAVだったけど、いつか伝えられればいいなと思っていた。姉は男性経験が少ないから理解してもらうには時間がかかるだろうけど。職場はいい人達ばかりだったが、専属キモ男優に服従している姿は異常だと思った。臭い息をふきかけ、頭をこづいてくる大嫌いなあの男。所謂キモメン。ただのデブ。我慢できたのは、いち早く自立することが姉への恩返しだと思っていたからだ。だから、正社員になれたという報告は真っ先に聞いてほしかった。狭い路地を駆け抜け、家のドアを開ける。大好きな優しいいつもの表情。少し苦しそう。でも、幸せそうに顔を赤めてるようにも見える。違和感が確信に変わったのは姉が上げた下品な呻き声だった。まるで獣の交尾を見ているかのようで、華奢な身体にのしかかって腰を振っているのはあの醜いブタ男。エサにがっつくようにヨダレを垂らしている。少年は必死で思い出そうとした。でもできなかった。尿を口に注がれ、嗚咽まみれでイラマを受け入れ、真正中出しをされて嬉しそうな色に狂ったこの生き物のこと。

ver.キミトラレ ▼視線、目の前で種付けされようとも

ver.キミトラレ ▼視線、目の前で種付けされようとも

玉屋レーベルが寝取られにあらためて向き合った新シリーズ。キモ男ヲタ復讐動画の中でも男女の愛情、葛藤、嫉妬を深く捉えられたもののみを厳選。『余計な前フリ一切ナシ、とにかく鬼ピストンでヤリまくれ』がブームのAV界において、冒頭30分エロ映像一切ナシの時代逆行作品。「だってぇ、あっという間に寝取られたりぃ簡単に墜ちるとぉ、NTRの醍醐味なくなくなーい」という巷のギャルの声(想像)にも応え、様々な場面でカメラを回し恋愛模様を漏らさず収める。想い人とデブ間男の間で揺れ動く乙女心を堪能し、美男美女の大恋愛にタップリと感情移入できます。そして、ニヤケてしまう恋模様を踏み台にして味わうデップリ太ったキモメンとの真正中出し。更に不幸なことに、一部始終を隣の部屋で隠れていた彼の手持ちカメラから見せられる二重苦、三重苦の背徳感。副題の【視線】が示す通り、物語の多くは彼の視点で進められます。AVメーカーバイトの青年。同僚でAV女優の彼女。メーカーの絶対的な暴君にして専属男優のブタ男。彼女に言い寄る権力者に逆らえばAV監督への夢は閉ざされる。大嫌いな巨漢の腹の下、愛くるしい瞳は助けを求めるように視線を送り続けてる。彼がその手で掴むのは愛なのか夢なのか…。彼女の涙と向けられた軽蔑の上でただただ切に願う。また同じ笑顔で笑い合える二人でいますようにと。

case.産声、絶望2 [保育士・実家に仕送り月20万~・風俗嬢]

case.産声、絶望2 [保育士・実家に仕送り月20万~・風俗嬢]

保育士は給料が安かったし寝る暇がない。20万円以上の仕送りを求められた時に限界だと思った。手段を選ばずに始めた風俗に不思議と抵抗はなかった。むしろ男の人が喜んでくれるのが嬉しいと思った。そう語った彼女のAVデビューは自然な選択だったのかもしれない。これを悲しいエピソードと捉えられたら素質がある。純粋でまっすぐな狂人の素質だ。確かにAV出演は出演者への人生に大きな影響を及ぼす出来事だろう。だが、そこに至るまでの過去がある。決断がある。AV女優はかわいそうな人種でも知能が足りないから騙された犠牲者でもない。手柄を欲しがった似非フェミ団体が使いやすく料理して生み落とした被害者システム。AVは多少殴ってもいいと人権派と政治家が笑う狂った時代。だからこそAVを選んだ人間の話を聞きたいと思った。それが当シリーズ「新人AV女優VSキモ男専門メーカー」の根幹である。新人の過去の性経験をインタビューに沿って模倣。更に弊社が誇るキモメン豚男の真正中出しあり、プロ意識のかけらもないクズ男達の連続中出しありと、玉屋レーベルの洗礼を受けてもらったのは本筋からすればオマケだったけどAVだから仕方ない。ぜひともその覚悟の先を教えてほしい。ここは楽にアイドルに成れる場所でも歌とダンスが大好な者達の居場所でもない。ブチこまれることで手に入れた安くて手軽な金メッキ。準備は整ったとばかりにこの先ファンから色恋商法で搾り取ろうが、暴露と被害者ビジネスで太鼓を鳴らすアホ面ユーチューバーだろうが、他人のセカンドキャリアにむしゃぶりつこうが好きにすればいい。裸になっただけで「誰にもできる簡単な仕事じゃないのです」なんてありもしないプロ意識を掲げ、芸能人ごっこに勤しむ前に今一度教えてほしい。なぜAVに出ようと思ったのか。

case.産声、絶望 [母がいなくなった・パトロン・ダンサー]

case.産声、絶望 [母がいなくなった・パトロン・ダンサー]

歌うことを夢見た人はいつから歌手と名乗れるのだろう。ライブハウスに立った瞬間。音楽で生活できるようになってから。志した瞬間。きっとプロの数だけ答えがあり議論もあるのだろう。その点、AVは分かりやすい。ブチこんだ瞬間とブチ込まれた瞬間。絶望的な演技レベルでも彼は男優だし、作品だけで食えていない彼女もまた女優だ。出自に自身がない君にはセクシーパフォーマーというとっておきの言葉も用意した。AV特有の演出一切ナシ!完全アドリブ演技!素の表情でカモン!とカメラを無造作に立て、AV女優にサービスさせれば私だってセクシー監督だ。濁った水槽の中から現実が見える。接触イベント、有料会員制スケベ映像、投げ銭、色恋撮影会、愛人、パパ活、デート商法型クラファン、コンカフェ、欲しいものリスト、お悩みはDMで…。効率的な毎日。wikiのプロフィールをAV女優から文筆家に書き換えてみたり、YouTubeで被害者に鞍替えしてみたり、誰でもできる「裸になる」から始まった歴史を消したがる。水面から顔を出した魚は餌が欲しいのか口をパクつかせてる。歌とダンスが好きな少女がどうしてここにいる。なぜスケベなふりをしながら股をかきむしってる。教えてほしい。ついでにキモメン豚男に真正中出しをされてもらっておいてくれ、AVだからね。面接という話だったけど少しくらいSEXされてもいいだろう。多少やりたいだけの男が増えても、次々と中に出されて尿をかけられても構いやしないだろう。それから自宅でオナニーも撮ってきておくれ。ドキュメンタリーの皮をかぶった唯のSEX映像で申し訳ない。本物、偽物、芸能人もどき、それとも期間限定の淫乱ごっこに興じる愉快犯?5年後とは言わず今すぐ教えてくれないか、新人AV女優がここにいる理由。つまりは新シリーズ「新人AV女優VS玉屋レーベル」。

奇獣ノ箱詰-キモデブに子宮を捧げたワケあり少女 #地味子 #バンギャ-8時間【新映像1名在リ】

奇獣ノ箱詰-キモデブに子宮を捧げたワケあり少女 #地味子 #バンギャ-8時間【新映像1名在リ】

総集編第9弾。当初、「地味娘オムニバス」で作成していたところ、密かに作品同士が繋がっていた数々のバンギャ編を1つの映像にまとめたくなってしまい方向転換(結果、枝分かれしたエピソードはまとめきれず)。1枚目に地味子、2枚目にバンギャを集め、訳あり少女というグループで括ることに。思いつきで生きて恐縮。ジミコ群には新作撮りおろしのマリモ編を初収録。パパ活の時間を深夜に設定し、終電をなくした地下アイドル相手に夜通し4射精する暴挙。バンギャ編は罠にはめられたゴスロリ娘カノンが気弱なユラと強気なキョウカをキモメン豚男に紹介し、新たな犠牲者を作ることから記録が始まります。その後、我が子の秘密を守るために巨乳カワイイ系のコトリ、負けん気が強いが体は敏感なホノカを生贄にしたユラ。全てを知り、キモデブの毒牙を再びユラに差し向けるコトリ。コトリとの友情を守るために全身性感帯の体を差し出したアヤカ。しかし、男を惑わす魔性女アヤカの媚びた笑顔が徐々に豚男を狂わせていくこととなる。AはBに強く、BはCに強く、CはAの言うことに逆らえない。まるで三すくみ、四すくみのバンドギャル共食いの輪廻。過去、バラバラに収録されていた映像も時系列に収めたことで、いつ誰が、どんな思惑で、どこで暗躍したのかが一目瞭然。奇獣収録2回目となるコトリ編とアヤカ編のエロ映像はDVD版、過去の奇獣ノ箱詰とは別アングルの新規映像のみで構成する試みも!マリモ編90分+過去作未使用映像50分の初収録合計140分。

奇獣ノ箱詰-キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀-8時間

奇獣ノ箱詰-キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀-8時間

彼氏が大好きで大好きでたまらない。日々、ダーリンダーリンチュッチュチュと人目も気にしない(想像)。本作は、そんな誰もが羨むロマンチックな彼氏持ち女性オムニバス。男にプレゼントを買ってあげようと下着を売りに来た清純学生、彼にしか笑顔を見せないムスっとしたメスガキ、イラマチオ中に愛情を問われて涙目になる女子大生、恋人に「今から電話でエッチしよう」と連絡させられる長身スレンダー、彼氏との電話中に無理やりキスされ「絶対変だと思われた」と泣きじゃくる就活生。大恋愛っぷりが鼻につき、ひがまれ、八つ当たりのようにデブから熱烈なキッスを受けた絶望彼女8人を収録。キモメン豚男が彼氏をオカズにして、ブクブクの裸を愛させようとする嗚咽級ラブストーリー。こちらは総集編といっても、過去に発売された完成映像をカットしただけの「作り手にとって省エネでコスバ最高!ウヒョー!」的な劣化版ではありません。全作品を元素材から見直し、過去に収録されたものの別アングルや未使用映像を積極的に使い、新規映像50分を追加収録。更に技術不足、時間不足から放置されていた一部の巨大モザイク、フリッカー等の低クオリティ映像をブラッシュアップ。過去作を購入いただいたユーザー様でも今の玉屋レーベルが編集し直した各作品のやや生まれ変わり【ほんのり真打バージョン】が楽しめます。

キモ男ヲタ復讐動画 ショウワチカ編 -覗いた先の姉-

キモ男ヲタ復讐動画 ショウワチカ編 -覗いた先の姉-

福岡県博多から始まる自撮り映像は東京の弟に向けて撮られたものであった。数年間ひきこもっていた彼がアルバイトを始めた。その報告にいてもたってもいられず、久しぶりに会いに行こうと出発前にカメラをまわしたのだ。弟の名前はオズ。自身の溢れる才能を信じ、周りを見下す態度を隠しもしない。職場のAVメーカーでは当然浮いていた。そして事態を悪化させる決定的な出来事が起こる。気が強く喧嘩っ早い姉のチカが、メーカーの重要人物・キモメン豚男をイジメの首謀者とカン違いし土下座させてしまったのだ。社内で窮地に立たされたオズは「うまくいかないのは全部おまえのせいだ」と姉に全てを責任転嫁し、チカは自責の念からプライドを捨てて豚男にお詫びのフェラをしてしまう。翌日、オズの待遇が改善されたことを知り、深い輪廻にとらわれたチカはデブの真正中出し、自宅での自撮りオナニーまでもを受け入れることとなる。その一部始終を隠し撮りしているカメラは一体誰のものだったのか?姉の本当の仕事とは何だったのか?性格の悪い弟と過保護で強気な姉の映像録が全てを解き明かす。

ver.知名度狩リ2 女優名表記不可 ~グラビアの少女 最後の密着7日

ver.知名度狩リ2 女優名表記不可 ~グラビアの少女 最後の密着7日

2017年7月、グラビアの中の少女が脱いだ。大手メジャーメーカーから大々的なデビューを飾った彼女は選ばれた女優だった。2021年、彼女は年内での引退を決意する。ファンへの神対応は相変わらず話題であったが、彼女自身、最終的に向けられる多くの想いへの戸惑いもあった。女優としての評価と恋心。右手で股間を押さえたまま、応援してます!と差し出される左手。「私の仕事ってなんなのだろう」少女は雨でしぼんだネコのようにブルっと肩を震わせ、逡巡する。同時期、玉屋レーベルにある訪問者があったことから彼女のキモ男ヲタ復讐動画への出演、撮影が画策されていた。2021年4月、彼女の自撮り生活と同時に玉屋レーベルによる密着取材が始まる。ニコやかな態度で始まったAV女優としての統括。終活。しかし、次第にキモメンインタビューアーとの間に軋轢が生まれてしまう。AV堕ち、盗撮、盗難提案とデリカシーがない言動の密着者に彼女は椅子を蹴り飛ばす程イラだち激しくキレる。妹系アイドル女優の設定を忘れ殴りかかってしまう。それでも彼女を待ち受けていた惨劇を止めることはできない。口にキモ男達の尿を注がれ、避けてきたと公言している大嫌いな唾液責めプレイはあえて大量に流し込まれ、繰り返し行われた真正中出し、復讐動画でオナってこいと要求されたガチ自宅でのプライベート自慰まで、グラビアの少女がデブの性趣向を全て受けきった最終章。女優の元恋人とうそぶく山形の男、シリーズ至上最悪の残虐ファイトに徹した不可解なブタ男、最後までピルを飲もうとしない女。三者三様の思惑はある一つの結末で交錯する。

1から12 を表示中 (合計: 104件)