お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織

お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織
婿入りしてきた僕が言うのもなんだけど、カミさんと比べても劣らない、いやむしろ勝っている僕の義母さん。特にカミさんに不満がある訳じゃないけど、一緒に並ぶとどうしてもそっちに目が行っちゃうのは自然な事だと思うんだ。とても48とは思えない程いい身体をしているその秘訣は、未亡人の身でありながら酒屋の若旦那と繰り返す秘密の関係にあったんだ…。

0 reviews

stars

お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai1
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai2
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai3
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai4
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai5
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai6
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai7
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai8
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai9
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai10
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai11
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai12
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai13
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai14
お義母さん、女房よりずっといいよ… 王崎詩織...thumbnai15
カテゴリ
監督
型番
SPRD-354
配信開始日
2011年2月1日
メーカー
レーベル

関連動画

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 大内友花里

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 大内友花里

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 青田季実子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 青田季実子

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… よりぬきスーパーベスト 8時間

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… よりぬきスーパーベスト 8時間

女房の目を盗んでべろれろと繰り広げられる、義母と婿との禁断姦通劇。大人気シリーズ「お義母さん女房よりずっといいよ」から珠玉のベスト盤が登場!どれもこれもの目移り必至な、8時間たっぷりお楽しみいただける悶絶愛蔵版総集編です!

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 円城ひとみ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 円城ひとみ

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 岸川ひろみ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 岸川ひろみ

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、珍しくまとまった休暇を取る事が出来た為、女房の実家へと夫婦二人で里帰りをする事にした。都内から新幹線やら電車に揺られて三時間。程良く都市開発が進んでいる中規模都市にある女房の実家に到達すると、程なく女房の母親が優しく迎えてくれた。そして、義母の肉感的な女体隆起に、義息はゴクリと思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 岡田智恵子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 岡田智恵子

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 上里悠里

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 上里悠里

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・上里悠里の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 筒美かえで

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 筒美かえで

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・筒美かえでの肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 翔田千里

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 翔田千里

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・翔田千里の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 藤木静子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 藤木静子

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、珍しくまとまった休暇を取る事が出来た為、女房の実家へと夫婦二人で里帰りをする事にした。都内から新幹線やら電車に揺られて三時間。程良く都市開発が進んでいる中規模都市にある和風家屋に到達すると、女房の母親・藤木静子が優しく迎えてくれた。そして、義母の肉感的な女体隆起に、義息はゴクリと思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 加山なつこ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 加山なつこ

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、珍しくまとまった休暇を取る事が出来た為、女房の実家へと夫婦二人で里帰りをする事にした。都内から新幹線やら電車に揺られて三時間。程良く都市開発が進んでいる中規模都市にある和風家屋に到達すると、女房の母親・加山なつこが優しく迎えてくれた。そして、義母の肉感的な女体隆起に、義息はゴクリと思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… よりぬきスーパーベスト 8時間

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… よりぬきスーパーベスト 8時間

義母…愛する妻の母。妻の面影を残しながらも熟れた色香を醸し出している。僕の下半身は我慢ならない所まできていた。嫌がりながらも娘婿の逞しい身体に溺れてゆく義母。8時間でお届けする禁断の行為。どうぞご堪能ください。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 篠宮千明

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 篠宮千明

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・篠宮千明の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 牧園百合子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 牧園百合子

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石野真奈美の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 石野真奈美

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 石野真奈美

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石野真奈美の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 宮前幸恵

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 宮前幸恵

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が、娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・宮前幸恵の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 石橋ゆうこ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 石橋ゆうこ

週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年であるマコトは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく、慌ただしく屋内の片付けをしていた。女房の母親。田舎で暮らす娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーン言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石橋ゆうこの肉感的な女体隆起に、マコトは思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 寺林伸子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 寺林伸子

週末。久方ぶりの休暇を利用して温泉旅行へと訪れた青年ケンイチは、はしゃぎまわる女房に苦笑を浮かべつつも、そっとその脇でしっとりと佇むお義母さんの浴衣姿に見とれていた。ひょんな事から決まった小旅行。女房の母親ノブコさんも一緒に行くと決まった時から、ケンイチは今日の日を内心待っていたのだ。「ホント…いい湯だったわ…」熟れた女の色香をムンムンに漂わせつつ、浴衣からうなじを覗かせているお義母さん。決して褒められた感情ではない事は重々承知の上で、ケンイチはお義母さんの女体への性的興味を押さえつける事が出来なかった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 関美樹

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 関美樹

久方ぶりにまとまった休暇を得る事が出来た青年・ヨシオは、女房に連れられて遠路はるばる彼女の実家へと訪れた。相も変わらず美人で肉感的な、女房の母親・美樹さんに優しく出迎えられた。「よく来てくれましたねヨシオさん」「どうぞゆっくり過ごしてくださいね」そう微笑みつつ世話をしてくれる、義母・美樹の女体隆起に、ここのところ随分と女房との行為が無かった青年・ヨシオは、イケナイ事とは分かりつつも、下半身のムラムラを押さえる事が出来なくなっていった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 榊みほ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 榊みほ

盆の頃。久方ぶりにまとまった休暇を得る事が出来た僕は、女房に連れられて遠路はるばる彼女の実家へと訪れた。相も変わらず美人で肉感的な、女房の母親みほさんに優しく出迎えられた。「どうぞゆっくり過ごしてくださいね」そう微笑みつつ世話をしてくれる、義母の女体隆起に、ここのところ随分と女房との行為が無かった僕は、イケナイ事とは分かりつつも、下半身のムラムラを押さえる事が出来なくなっていった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 黒柳美沙子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 黒柳美沙子

平成26年秋。久方ぶりに女房の実家へと里帰りした青年ダイスケは、ずいぶんと久しぶりに顔を合わせた女房の母親・美沙子さんの熟れた色香に到着早々その股間を熱くした。二泊三日の旅程で泊まる事になったその一つ屋根の下で、青年ダイスケはいよいよ辛抱堪らなくなって、お義母さんの背後にハァハァと立ってしまう…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… よりぬきスーパーベスト 8時間

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… よりぬきスーパーベスト 8時間

女房の目を盗んでべろれろと繰り広げられる、義母と婿との禁断姦通劇。大人気シリーズ「お義母さん女房よりずっといいよ」から珠玉のベスト盤が登場!どれもこれもの目移り必至な、8時間たっぷりお楽しみいただける悶絶愛蔵版総集編です!

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 工藤留美子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 工藤留美子

純朴なる青年ダイスケは先週末から我が家へとお泊まりに来ている女房の母親留美子さんの熟れに熟れた完熟色香にドキマギし続けていた。朝の光景。むっちりとした尻肉隆起を浮かび上がらせるお義母さんの拭き掃除姿。思わずボーッと見とれていると、女房に早く朝ご飯食べてとせかされた。義母の滞在予定は三泊四日だった。ドキドキハァハァの同居生活。ダイスケの下半身は、いつしか、もはや制御不能なほどに、いきり勃っていた。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 柳田和美

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 柳田和美

平成二十六年夏。青年ゲンタは、久方ぶりに実家へと里帰りをしたいと言う女房に付き添って、県外にある彼女の実家へと訪れた。玄関をくぐると、女房の母親であるカズミさんに笑顔で迎えられた。「んまあ遠い所よく帰ってきてくれましたね二人とも」リビングに通され三人であははと談笑していた。ふと、ふたりで何か探し物をしている母子の姿が視界に飛び込んで来た。無防備なる前傾姿勢。女房と、その母親の、あまりにも肉感的なまん丸の臀部が、目のやり場に困る程に、ぷりぷりと揺れていた。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 水樹まや

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 水樹まや

純朴なる青年ケンイチは、先週末から我が家へとお泊まりに来ている女房の母親「まや」さんの熟れた色香にドギマギし続けていた…。朝の光景、むっちりとした尻肉隆起を浮かび上がらせるお義母さんの拭き掃除姿。思わずボーッと見とれていると、女房に早く朝ご飯食べてと急かされた。義母の滞在予定は三泊四日だった。ドキドキハァハァの同居生活。ケンイチの下半身はいつしか、もはや制御不能なほどにいきり勃っていた。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 岩下京香

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 岩下京香

話題沸騰!タカラ専属美人母「岩下京香」。ファン待望の第二弾です!愛する女房を尻目にその母と絡み合う禁断の家族ドラマを情感込めて艶じて魅せます。暮れ。嫁の里帰りに同行した旦那・マスオは久しぶりに見る義母・ゆりかの熟れた肢体に目を奪われる。そして、深夜。便所に向かったマスオが偶然覗き見してしまった、お義父さんに抱かれるお義母さんの艶やかな乱れっぷり。美しくも優しい女房の母にドキドキし始めてしまっているマスオが、嫁の居ない隙に…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 真弓あずさ

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 真弓あずさ

閑静なる住宅街。そこにたつ、平凡なる和風家屋。一階玄関、ドラマ冒頭にイキナリのW拭き掃除ケツ。義母と嫁。色違いのエプロンにデニム。四つん這いの前傾姿勢にて、上機嫌に、廊下の拭き掃除をしている。揺れ動くふたつのケツ。真弓家は二世代で、嫁の家に住んでいる。そこに婿として来たのが、ダイスケだった。今日も、義理の父と一緒に彼は出勤する。そんなある日の夕刻。仕事を終えて帰宅したダイスケがひとっ風呂浴びていると、シャンプーが切れている事に気付く。シャンプーが切れた旨を、大声で訴えていると、お義母さんが入ってきてしまったのだったが…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 【上京編】 峰岸洋子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 【上京編】 峰岸洋子

東京都内某所。閑静なる住宅街。そこに立つ、平穏なる一軒家の台所。エプロン姿の女房が、ひとり、鼻歌まじりに、旦那・ダイスケの朝飯を作っている。程なくして、旦那が眠そうに入って来る。寝ぼけながらも台所のイスに座るダイスケは、妻の手作りの朝食を食うのだが、妻が改まって言い出した事があった。それは、明日、お義母さんがやってくるとの事だった。翌日、遠路はるばる汽車に揺られて、東京のにぎやかな喧噪の中、きょろきょろとしながら、大通りを歩くオノボリお義母さん。娘の東京の住所が手書きで書かれた、チラシの裏面を見ながら、徐々に娘夫婦の住む、一軒家へ訪ねてきた田舎のお義母さん・洋子50歳。しかし、実の娘を尻目に繰り広げられる、義母と義息との、禁断の関係が、徐々に巻き起ころうとしていた…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 野乃有紀恵

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 野乃有紀恵

早朝。晴天の空。のどかなるムード。とある山村にたつ、古き良き和風家屋。縁側。開放された窓。ふたつ並んだW掃除ケツ。義母・野乃有紀恵と、女房・ミオ。色違いのエプロン姿にて、仲睦まじく、これでもかとばかりに四つん這いケツを突き出しながら、上機嫌に拭いている。しかし、旦那・マスオ。起こしても二度寝の繰り返し。ミオは掃除の手を止めて、庭に降り立つ。そして、二階の窓に向かって可愛らしく、あなたおきなさーいと叫ぶ。二階の開放された窓。一向に布団から出て来ないマスオ。外から呼ぶ嫁の声で、う~ん…と、眠そうに起きる。ぶつくさ言いつつ、返事をする。そして、窓から庭先を見る。縁側付近から、女房と義母が見上げている。義母の色っぽい微笑みに、朝からドキドキするマスオ。照れ臭そうにえへへと笑う。嫁に更にせかされて、慌てて、布団を出るのだが…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 島田響子

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 島田響子

ある夏の暑い日。婿入りした旦那が、女房の実家で、義父母と同居していた。しかし、徐々に旦那は義母・島田響子の熟した身体に悶々とし始める。そして、嫁と義父が出かけて、義母と二人っきりになった瞬間から、婿入り旦那と義母とが、ついに一つになった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 東城佳苗

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 東城佳苗

ある夏の暑い日。嫁の実家に訪れた旦那が、そこで美しい義母と出会う。一緒に過ごしていくうちに、徐々に旦那は義母の熟した身体に悶々とし始める。そして、嫁と義父が出かけて、義母と二人っきりになった瞬間から、旦那と義母とが、ついに一つになった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 東早紀

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 東早紀

ある夏の暑い日。嫁の実家に訪れた旦那が、そこで美しい義母と出会う。一緒に過ごしていくうちに、徐々に旦那は義母の熟した身体に悶々とし始める。そして、墓参りの日。嫁が先に出かけ、義母と二人っきりになった瞬間から、旦那と義母とが、ついに一つになった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 藤沢芳恵

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 藤沢芳恵

秋晴れの中、嫁の里帰りに同行した旦那は久しぶりに見る義母芳恵の熟れた肢体に目を奪われる。義父が亡くなって再婚をしないままの義母であったが近所の知り合いと度々お互いを慰め合っているのだった。二人の逢瀬を偶然目撃して興奮した旦那は、ある日妻が席を外したのを良い事に芳恵へと自らの想いを体を使って激しくぶつけるのであった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 滝沢さゆり

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 滝沢さゆり

盆休みに妻の実家へと帰省した旦那はそこで義母・さゆりの変わらぬ美しさに見とれてしまう。無防備な姿で旦那の視界に何度も映る義母の様子に辛抱堪らなくなってしまった旦那は、妻が買い物に出かけた隙を見計らい、さゆりに気付かれぬよう背後から覆い被さるのだった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 杜山ゆりか

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 杜山ゆりか

暮れ。嫁の里帰りに同行した旦那・マスオは久しぶりに見る義母・ゆりかの熟れた肢体に目を奪われる。義父が亡くなって再婚をしないままの義母。帰省疲れで、そのままコタツで寝てしまったマスオ。そのまま翌朝となり、義母と二人きりの朝食。美味しそうにソーセージを頬張るゆりかの口元に興奮した旦那。美しくも優しい女房の母にドキドキし始めてしまっているマスオが、嫁の居ない隙に…

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 板倉幸江

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 板倉幸江

女房ゆかりの実家で義母幸江と一緒に暮らす結婚2年目となるサラリーマンの夫。いい物件が見つかるまで一緒に住まないかという義母の申し出を有り難く受けての事だったが、その頃より息子はゆかりよりもむっちりと熟れたカラダつきの幸江が気になって仕方がなかった。そんなある日、息子は幸江が近所の酒屋とお互い激しく絡み合っている様子を目撃してしまい…