気ままに水遊び

気ままに水遊び
前作「気ままな水遊び」に続き、モデルは真白祢子さんです。前作があまりに楽しい撮影だったので、こちらからお願いして、続編を別途撮らせて頂きました。前作同様、ほとんど指示を受けることもないままに、潜ったり、泳いだり、飛び上がったり、シャワーを浴びたり、バスタブに沈んだり…ということで、タイトルも前作の「気ままな」をちょっといじって、「気ままに水遊び」となりました。このところの特徴となっていたU/Wはちょっと抑え目で、その代わりに濡れ髪とシャワーシーンを沢山見られる作品です。

0 reviews

stars

気ままに水遊び...thumbnai1
気ままに水遊び...thumbnai2
気ままに水遊び...thumbnai3
気ままに水遊び...thumbnai4
気ままに水遊び...thumbnai5
気ままに水遊び...thumbnai6
気ままに水遊び...thumbnai7
気ままに水遊び...thumbnai8
気ままに水遊び...thumbnai9
気ままに水遊び...thumbnai10
気ままに水遊び...thumbnai11
気ままに水遊び...thumbnai12
気ままに水遊び...thumbnai13
気ままに水遊び...thumbnai14
気ままに水遊び...thumbnai15
気ままに水遊び...thumbnai16
気ままに水遊び...thumbnai17
気ままに水遊び...thumbnai18
気ままに水遊び...thumbnai19
気ままに水遊び...thumbnai20
監督
型番
MFAD-11
配信開始日
2014年1月27日
シリーズ
メーカー
レーベル

関連動画

気ままな水遊び

気ままな水遊び

Moonface初登場の真白祢子さんです。祢子さんは、こちらが見たいと思うシーンを無意識のうちに体現してくれるという不思議な才能の持ち主で、撮影中ほとんど指示を受けることもないままに、潜ったり、泳いだり、飛び上がったり、また沈んだり、水から上がったり、そうかと思ったら飛び込んだり、水中ででんぐりがえしをしたり、顔に髪を貼り付けてみたり…文字通り「気ままな」水遊びを楽しんでくれました。WETフェチの心のツボにぐっと響く、なかなかの作品になったと思います。是非ご覧下さい。

漂~ただよふ

漂~ただよふ

【衣装】5着(白ワンピース(バルーンスカート)、緑カットソー&茶ロングスカート、ピンクドレス、白ブラウス&黒ロングスカート、ベージュジャケット&水色ブラウス&黒スカート))。LatherDreamさんの作品で拝見して、「これはなんとしても鮎川も撮影しなければ!」と思い、久々に鮎川から声をかけさせて頂きました。モデルの香弥さんの美しさに惚れ込んで意気込んで、そうして出来上がったのがこの作品です。泳ぎの得意な香弥さんには、このプールでは浅すぎたかもしれません。カジュアルウェアの序盤がスローペースで、フォーマルウェアの後半がざんぶざんぶと潜ったり泳いだり、という、衣装と行動のギャップもこの作品の面白いところです。潜っている時、あるいはタイトル通りに水面を漂っている時の、ふわっと広がるロングヘアーはため息もの。パッケージにも思わず「美しすぎる」と書いてしまいましたが、ほんとに美しい作品になったと思います。

Ayukawa Selection Vol.4 濡れたTシャツ

Ayukawa Selection Vol.4 濡れたTシャツ

話題沸騰の総集編「濡れたセーラー服」、「濡れたブラウス」「濡れたブラウス2」に続き、「濡れたTシャツ」の登場です!Moonface作品の中からTシャツとカットソーのシーンだけを取り出して編集しました。もしかしたら未公開のカットも含まれているかも。WETファンの基本形、「濡れて透ける」。ほとんどが綿素材のため、貼り付き度は満点です。

サクラ、咲く道

サクラ、咲く道

【衣装】4着(ピンクロリ服、ピンクブラウス&濃茶ミニスカート、メイド服、白ワンピース)。Moonface久々のロケ作品となりました。廃線跡や廃城といった、今は姿を消し、あるいは姿を消そうとしている存在と、その場所を彩る色とりどりの花や、桜。存在するということの空しさや、存在し続けることの難しさを、「濡れる」あるいは「走る」といった行為で表現してみました。フェチビデオにして、フェチビデオには収まらないいろんな思いが詰まっているあたりが、Moonface監督・鮎川の真骨頂です。とはいえ、難しいことはさておき、WET作品としての基本要素、濡れとか透けとか濡れ髪とかいったツボはしっかり押さえています。更に、濡れた髪を額や頬に貼り付けて、カメラをきっと見つめたり、ふっと笑顔を見せたりする表情豊かなサクラさんには、きっと多くの方が癒されるはず。

夜のプール

夜のプール

【衣装】5着(OL制服、白Tシャツ&デニム、セーラー冬服、サンタドレス、ブラウス&スカート)。「夜のプール」というタイトルは、パッケージに使用した写真のイメージからひらめいたものなのですが、「プール」という言葉に「夜」という言葉をつけるだけで、どうしてこうも淫靡な響きを持つのなのでしょうか。今回のモデルは、Moonface初登場の三崎さおりさん。自ら「濡れるのが好き」と語る彼女が見せる表情には、「演技」では出せない感情に溢れています。現役の女子大生でもある彼女を慮り、何度となく「こんなに透けて大丈夫?」「スカートめくれても大丈夫?」と確認しつつ、いつも以上におっかなびっくり撮影を実施し、撮影したての新鮮な気分を保ったまま、息をもつかせぬスピードで編集、販売に至りました。水面に顔が浮かび上がる瞬間、前髪が額にはりつく様子や、まとわりつく長い髪、いつものように水中でゆらめくスカート、水中で静止してカメラをみつめる表情など、WET作品としての魅力をぎゅっ!と凝縮しました。セーラー冬服を襲う強烈放水のハプニングにも注目…かも?

瞳 -Eye-

瞳 -Eye-

大好評を博した「ぬれあそび♪」の続編が登場しました。神無月ひろさんはMoonface2度目の出演ですが、今回は念願のプール撮影が実現し、鮎川もひろひろさんもノリノリで撮影に臨みました。撮影中にカメラが水没し、更にひろひろさんは「実は泳げない」という事実も発覚しつつ、それでもそういったトラブルを乗り越えて、「ぬれあそび♪」より衣装も内容も格段とパワーアップした作品が完成しました。特に、泳げないひろひろさんが決死の思いでプールにダイブするシーンは必見。しかもウェディングドレスでのダイブは、滅多に見られるものではないと思います。タイトルは、ひろひろさんの大きくて綺麗な瞳が、撮影後も強く印象に残ったことからつけさせて頂きました。普段はどちらかというとドジっ子キャラを演じているひろひろさんですが、そんなひろひろさんだからこそ、時折垣間見せる「オンナ」の表情に「どきっ」とすること請け合いです。「ぬれあそび♪」の頃より髪も伸び、その分だけ濡れ髪フェチの要素も加わりました。更に、衣装の透け具合から何から、細かいところまですべてがグレードアップしています。それにしても…この瞳、危険です。ぜひ、ひろひろさんの瞳にやられちゃってください。

水物語

水物語

「怖いんじゃない。ただ…思い出したくなかったんだ。」誰もが心のどこかに何かしら引っかかるものを持っていて、その、ほんのささいな引っかかりのおかげで前に進めなくなることがあるのではないかな、と思います。この作品では、そんな心の引っかかりを、「水」を題材にしながら表現してみました。とはいえ、ストーリーが作品鑑賞の邪魔にはならないように作っていますので、そんな余計なことを考えなくても見て頂けると思います。モデルは佐藤千鳥さん。弾けたり沈んだりの絶妙な演技を披露してくれています。助演頂いた「謎の女」には、モデルとしてご活躍中のすみれこさん。すみれこさんもまた、はまり役の「謎の女」を好演して下さいました。プールを借り切って、文字通り、泳いだり、潜ったり…水中とくればおなじみの「スカートひらひら」シーンもふんだんに織り込みつつ、いろんな切り口で楽しんで頂ける作品になっていると思います。

The Moonface Underwater 「Mermaid」

The Moonface Underwater 「Mermaid」

セーラー服、ブレザー制服、ワンピース…8種類の衣装を着たまま泳ぎ、潜る。人気作「凛」と「清」の水中カメラシーンだけを抜き取りました。Wetlookファンにも、U/W(水中)ファンにもお奨め。【#1】薄い水色の綿100%サマードレス。薄い布地が水中にゆらめき、ほとんど透明になって素肌を透き通らせます。【#2】黒のポリエステルサテンワンピース。プールの一番深いところを目指して、ロープにつかまりながら潜ります。【#3】グレーのブレザー&ジャンパースカート制服。水鉄砲とビーチボールで遊びます。水中で笑顔で手を振りご挨拶。【#4】白い半袖ブラウスと小花柄サテンのミニスカ。ブラウスとスカートが水中で同時にめくれ上がります。【#5】白いブラウスと紺のジャンパースカート【#6】白い半袖ブラウスとジャンパースカート制服【#7】総レースの貴婦人風ドレスと黒い帽子。水に落ちた黒い帽子を、手を使わずに潜ってかぶります。【#8】水色のセーラー服。自由自在に水中カメラの前や頭上を泳いでゆきます。

濡衣~ぬれごろも

濡衣~ぬれごろも

「正絹の着物が、浴衣が、白襦袢が…次々とずぶ濡れになっていく…」「ぬれあそび♪」「ぬれゆめ」に続く、「ぬれ」三部作の、これが第三章。もしかしたら日本初(?)の100%和服WET作品が誕生しました。帯も、作りつけの帯ではなくきちんと結ばれたもの。もちろん、正絹の着物には正絹の帯。帯止めも帯締めも完全装備の100%和服姿の準備が整ったところで、「さて、どうやって濡らしますか。」「飛び込んじゃいましょうか。」「やっちゃいますか!」【衣装】3着(正絹訪問着、浴衣、白襦袢=和服100%)。

ぬれゆめ

ぬれゆめ

「こ、こんな服着たまま、お、泳いじゃうんですか…?」ハダカより官能的で、着エロよりエロチック。ゆらめく衣装、透ける素肌。見たことのない、新しいエロス。着衣WETの不可思議な世界へようこそ。今回の作品はWETのほか、洗髪あり、アンダーウォーターあり、更にはパンスト破きまで織り込む、フェチ度満載の作品でもあります。現役レースクィーン、ラウンドガールその他様々な顔を持つ、いしいめぐみさんという最高のモデルを迎え、オトナっぽいドレスあり、(ただのセーラー服ではなく)人気の高いデザインのセーラー服あり、メイド服あり、更に着こなしの難しいふりひらやゴスロリの衣装もさらっと着こなし、一分の隙もない作品に仕上がっています。WETファンも、そうでない方も。ぜひ一度ご覧頂きたい作品です!【衣装】5着(ブルーのドレス、セーラー服、ふりひら(ピンクハウス)、ゴスロリ(ビクトリアンメイデン)、メイド服(黒))。

Ayukawa Selection Vol.3 濡れたブラウス2

Ayukawa Selection Vol.3 濡れたブラウス2

話題沸騰の総集編第一弾「濡れたセーラー服」に続き、第二弾「濡れたブラウス」の登場です!Moonface作品(Jump'in!・White・Pool…2・Normal・懐古趣味・海の名残)の中からブラウスのシーンだけを取り出して編集しました。もしかしたら未公開のカットも含まれているかも。WETファンの基本形、「濡れて透ける」。その原点に立ち返り、全編通じて濡れて透けて貼り付いてのオンパレード。理屈抜きで楽しめるお買い得です!衣装:10着(ぜんぶブラウス)

The Moonface Underwater DVD 「Mermaid2」

The Moonface Underwater DVD 「Mermaid2」

おかげさまでご好評頂いております、Underwaterシーンの総集編「Mermaid」。その続編として、これまた人気作品である「Jump‘in!」と「White」の2作品から、水中シーンだけを抽出して、1本の作品に仕上げました。収録されている衣装の数は、実に16着。それらの衣装が、水中で広がったり絡みついたり、地上ではあり得ない動きをしながら、見る者を幻惑します。結果として、Moonfaceの作品の中でもエッチなシーンがちょっぴり多くなりました。収録時間はちょっと短いですが、その分濃い作品とも言えるのではないかと思います。

ぬれあそび♪

ぬれあそび♪

「洋服のままでみずあそび…って、初めての体験かも」歌って踊れるアイドル漫画家・神無月ひろさんが、ついにMoonface作品デビュー。「公称17歳」(事務所的に)というのも一瞬冗談には受け取れないほどの愛くるしいルックスで、初めての着衣水遊びに戸惑いながらもいい表情を見せてくれます。トレードマークとなりつつあるメイド服をも惜しげもなく濡らしつつ、がぼっ!っとジャグジーの水面に顔を突っ込んだかと思えば、悩ましい笑顔で頭からシャワーを浴び、浴びせかけられる水に制服をびしょびしょにされ、ワイシャツ一枚で仰向けに横たわり…初めてのWET作品出演とは思えない、WETファンのツボを押さえまくった、見どころ満載の珠玉の作品が出来上がりました。衣装:4着(青白チェックのカットソー&デニムの短パン、黒に水色フリルのキャミソールドレス、紫のメイド服、ワイシャツ、緑のレジメンタルタイにグレーのブレザー制服)

懐古趣味

懐古趣味

「昔見た、憧れのお姉さん。ずぶ濡れのその装いに、胸が締め付けられるのは、何故?」バブル真っ盛りの80年代。あの頃のお姉さんは、ボディコンか、そうでなければ「紺ブレ」でしたよね。金ボタンのスーツや、ブラウススーツ、レース襟の水玉ワンピースなんていうアイテムも、今では滅多に目にすることはなくなりました。でも、あの頃のお姉さんを眩しい思いで見つめていた、何とも言えないあのじりじりとした感情だけは心のどこかに残っていませんか?あの頃の衣装が次々に濡れて、濡らされていく…この作品を見たら、きっとあの頃の、届かなかった思いが蘇るはず。意味もなく胸を焦がしたあの頃を、WETに思い出してみるのも悪くないと思いませんか?衣装は本当に20年余寝かされていたあの頃の実物が中心です。Moonfaceの新モデル、梨花さんが見事に着こなしてくれました。濡れ方も様々。潜水あり。飛び込みあり。シャワーあり。バケツあり(笑)。衣装も、品質も、見応えのある作品に仕上がっていると思います。

Normal

Normal

「服のまま泳ぐって、不思議?WETなんて、普通だ。」The Moonfaceの新モデル、涼子さんのデビュー作。これまで数多くの作品を手がけてきた鮎川ですが、今回の作品では撮影している間に「自然(Natural)」とか「普通(Normal)」といった言葉が浮かび、最終的に「Normal」というタイトルに落ち着きました。「普通」がいけないのではなくて、どこにも力が入っていない、普段通りの姿がそこにあるということ。モデルである涼子さんのナチュラルな印象も加わって、フェチ作品なのにとことん違和感のない「Normal」。音楽も極力廃し、結果として久しぶりにWETそのものを安心して味わえる作品になったのではないかと思います。衣装:7着(白スーツ、ナース服&黒カーディガン、緑Tシャツ&デニムミニスカート、白ブラウス&紺リボン&黒ロングスカート制服、茶カットソー&タイトスカート、黒サテンブラウス&タイトミニスカート、黒スーツ)

Ayukawa Selection Vol.2 濡れたブラウス

Ayukawa Selection Vol.2 濡れたブラウス

話題沸騰の総集編第一弾「濡れたセーラー服」に続き、第二弾「濡れたブラウス」の登場です!Moonface作品の中からブラウスのシーンだけを取り出して編集しました。もしかしたら未公開のカットも含まれているかも。WETファンの基本形、「濡れて透ける」。その原点に立ち返り、全編通じて濡れて透けて貼り付いてのオンパレード。理屈抜きで楽しめるお買い得な作品です!衣装:10着(ぜんぶブラウス)

Yuria-Side B

Yuria-Side B

襦袢の下は全く何も身につけていないので、濡れる前から「え?」と思うようなアブナイシーンが織り込まれています。濡れてからは、もうほとんど素肌です。Wet作品として、許されるギリギリの露出ではないかと思います。むしろ、アダルトチックなイメージビデオに近いかも。そんな中、グレーベストの制服の存在は光っています。短めの黒いタイトスカート、きちっとしたグレーのベストにネクタイ…濡れるとか濡れないとかではなく、こういう制服のお姉さまの近くでお仕事が出来たら、それだけでも幸せかもしれませんね。夢のようなひとときを、この作品でどうぞ堪能して下さい。なお、Moonfaceでは珍しい「Messyシーン(葡萄をつぶして汁を洋服にかける)」が含まれている作品でもあります。衣装:5着(OL制服、白襦袢、白サマースーツ、水玉ワンピース、喪服)

Piece

Piece

ずぶ濡れ。ナイショの水遊び。こっそり集めたヒミツのかけら。衣装3着。密室でのWET遊びをイメージした小作品集です。ストーリーやシチュエーションとも、ロケとも無関係に、ホテルの浴室で濡れてもらっています。強いてイメージを言えば、雨宮りささんの2シーンは、付き合ってる彼女に頼み込んで、自分のワイシャツを着せてそのまま濡れてもらっているところ、それが意外と面白かった彼女が、パジャマ代わりに持ってきたワンピースも濡らしちゃう…みたいな感じでしょうか。どちらのシーンでもストッキングは履いたまま、というのも、二人の微妙な距離感を示しているものといえるかもしれません。リコさんのシーンはもっとアブなくて、たぶん恋人でもなんでもない二人が、怪しい契約のもとにホテルをともに過ごすこととなり、これまた彼女に頼み込んで、持参した制服を着てもらって、その制服をどきどきしながら男が濡らしていく…といった状況なのだと思います。頭からシャワーを浴びても無抵抗にじっとしているリコさんがいかにも他人行儀なのも、これまた二人の関係を示しているようで面白いのではないかと思います。

Callisto Wet & Rip “Miyabi”

Callisto Wet & Rip “Miyabi”

「Callisto Wet & Rip」第二弾は、本格的なWet & Underwater & Rip作品になりました。普通ならば濡らすことも、汚すこともできないようなキレイな衣装を、次々にびりびりと引き裂いていきます。それが暴力的でなく、むしろ優雅に見えるから不思議。おろしたての高価な衣装をびりびりにしてしまう、ちょっと贅沢な作品…かも。新モデル・NANAさんの美脚もかなりなハイレベル。Moonfaceとはちょっとカラーの違う、一段と玄妙な世界を、ぜひお楽しみ下さい。衣装:4着(ロングチャイナドレス、黒ブラウス&黒全円スカート、浴衣、ウェディングドレス)

DEF HOT Water

DEF HOT Water

ミニFM局、FM氷見様の撮影協力のもと、富山県から新モデル・ゆっぴーさんをお迎えして、都内プール付スタジオを借り切っての撮影を敢行しました。本来であれば2作品分はゆうにあろうかという映像の中から厳選した映像だけを繋いで1つの作品にしてしまいましたので、内容的には濃いものになっています。ゆっぴーさんは泳ぎこそ上手ではないものの、撮影中は一所懸命になって潜ったり、水中を走ったり、飛び跳ねたりと元気一杯に動き回ってくれました。そのせいか、水中ではスカートが重力を失う…ということを、これまでの作品以上に実感することができます。WETビデオに期待される「濡れ」「透け」「めくれ」「潜り」等、全ての要素をまんべんなく詰めて、更に着替えシーンも織り込んだ、これぞ正真正銘のWET作品です。

Yuria-Side A

Yuria-Side A

都内の高級ホテルの一室を借り切って、ちょっと高級感のある作風を目指した作品です。「バスルームの広い部屋」ということで事前によく調べておいたつもりでしたが、バスタブとシャワーが切り離されていたり、イメージと微妙に食い違うところもあり、衣装数の割には同じことの繰り返しみたいな作品になってしまったのは残念です。衣装は15着程度持ち込んで、撮れるだけ撮るという体制で臨みました。台風をものともせず定刻に駆けつけてくれたYuriaさん、「(服を濡らすって)変な感じ」と言いながら笑い転げているのですが、カメラが向くと「きっ」と表情が変わるのには驚きました。おかげで過去のどの撮影よりも、カメラを構えるのが楽だったという印象があります。撮影はスタッフなし、鮎川とYuriaさん1対1で行われ、動画カメラを固定して、静止画カメラで動き回るという手法で撮影しています。そのため、動画はあたかも撮影風景を覗いているかのようで、他の作品にはない独特の視点が得られるのではないかと思います。濡れて透けるブラウスや水色ブラウスと、清楚さを失わないぎりぎりのところで挑発的な視線を飛ばすYuriaさんの表情、是非本作品でご覧になってください。

Ayukawa Selection Vol.1 濡れたセーラー服

Ayukawa Selection Vol.1 濡れたセーラー服

ついに出ました!Moonfaceの総集編第一弾は理屈ぬきのセーラー服特集です。タイトルもストレートな「濡れたセーラー服」。その名の通り、Moonface作品の中からセーラー服のシーンだけを取り出して編集してみました。もしかしたら未公開のカットも含まれているかも。とにかく最初から最後までセーラー服しか登場しない、セーラー服WETファンにとっては夢のような作品です!衣装:7着(ぜんぶセーラー服)

Callisto Wet & Rip DVD 「Origin」

Callisto Wet & Rip DVD 「Origin」

The Moonfaceの姉妹サイトとしてオープンしたばかりの「Callisto Wet & Rip」から、早くも第一回作品が発売になりました。WetlookにRipの要素を加え、濡れた衣装を破く、あるいは破かれる光景をまとめた作品です。暴力的描写を避け、脱がさずに見せることを目的に優しく破っています。「濡れ」だけでは飽き足らない方、一段激しい「破き」の世界を織り込んだ本作品は理屈抜きでお奨めです。衣装:3着(毛足の長い茶色の半袖トップスに濃い茶色のロングスカート、藍色のサテンドレス、セーラー夏服)