憧れの女上司と 峰田ななみ

憧れの女上司と 峰田ななみ
大好きな上司の峰田さん。彼女に褒められたいと頑張って働いていた。すると、新しい事業を峰田さんと2人で行うことになった。今日は峰田さんと出張。良い所見せようとするが空回り、しかも帰れなくなるというハプニング。なんとか宿を見つけるが1部屋しか空いておらず、仕方なくそこで泊まることになった。温泉へ入り戻ると部屋には食事が。風呂上がりの上気した肌が艶めかしい峰田さんに見惚れてしまっていた。お酒が無くなり取りに行く。戻ると峰田さんが電話。旦那と揉めている。電話が終わり気まずそうな峰田さんはもう少し飲もうと縁側へ。僕は彼女の悲しそうな顔に我慢ができず、僕じゃダメですかと、彼女の手を握る。長い沈黙の後、彼女は僕にキスをした…。

0 reviews

stars

憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai1
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai2
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai3
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai4
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai5
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai6
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai7
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai8
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai9
憧れの女上司と 峰田ななみ...thumbnai10
カテゴリ
型番
MOND-218
配信開始日
2021年7月22日
メーカー
レーベル

関連動画

母子姦 峰田ななみ

母子姦 峰田ななみ

夫を事故で亡くしたななみは、夫が遺したお金と自身のパート代でなんとか生計を立てていた。勉強熱心な息子・誠司を良い大学へ行かせたいという想いから、ななみはお見合いで再婚相手を探し始める。しかしその行為は、誠司の嫉妬心と母への歪んだ愛情を刺激してしまう!「僕が母さんを楽にさせてあげるから…新しい父さんなんていらない!」ななみは雄となってしまった息子の肉棒に犯され、不覚にも忘れていた女としての感覚を取り戻してしまう。不貞行為に歯止めはかからず、ななみは卑猥なメスとして母子相姦に溺れてしまうのだった…。

現代肉欲劇場 パパ大好き…

現代肉欲劇場 パパ大好き…

愛か狂気か?父親にその身を委ねた娘たち!FAプロより撮り下ろし作品登場!「父と娘」という関係性に焦点を当てた全6話、多様なシチュエーションが視聴者の興奮を盛り上げます。母のため、父の精神のため、あるいは自分自身の目的のため、父という立場に身をおいた男たちにその身を捧げる娘たちのエロス、背徳感に感動をブレンドしてお届け致します。必見!

バスタオル姿の叔母と鉢合わせした事をきっかけに…峰田ななみ

バスタオル姿の叔母と鉢合わせした事をきっかけに…峰田ななみ

「きゃっ!ちょっと…今、見たでしょ?」風呂あがりの叔母さんと鉢合わせたら、とんだハプニング!バスタオルがはらりと落ちて…まさかの爆乳がポロリ!憧れていた叔母さんのオールヌードを見ちゃったボクは…。叔父が出張に出ているのでしばらく叔母とボクは二人っきり…美人のくせにスキだらけの叔母にムラムラがとまらない!!

スカート捲って半ケツマッサージしたら感じちゃった姉

スカート捲って半ケツマッサージしたら感じちゃった姉

都内で働く姉。最近、どうやら忙しいようだ。普段から弟のマッサージを受けているので、疲れて帰宅した時は慣れ親しんだマッサージ。普段よりも熱心にもみほぐされて…指先は肩、腰から徐々に下腹部に近づく…恥ずかしい気もするけれど、なによりも気持ちよすぎて…気がついたら下着を下ろされて、ナマ尻を丸出しにされ、卑猥な部分を大胆に弄くりまくられて…。

絵に描いた「いい女」そんな人妻デリ嬢を呼んだらさらに僕を暴走暴発させるエンジェル&聖母マリア的35歳の女盛りの奥さんだった

絵に描いた「いい女」そんな人妻デリ嬢を呼んだらさらに僕を暴走暴発させるエンジェル&聖母マリア的35歳の女盛りの奥さんだった

デリヘル呼んだら35歳の人妻がきた、っていうか峰田さんの奥さん!?旦那に内緒で風俗ですか…。とりあえず即尺して!ずっと溜めてるから!臭くないから!カメラは後で自分で抜くためだから!トイレは壊れてるから台所使って。拭く代わりに舐めてあげる!コスプレするなら早く着替えて!おもちゃで責めたらマンコ濡れ濡れ。本番はダメって奥さんもう入っちゃってますから!ピル飲んでないの!?出ちゃうけど!?

熟蜜のヒミツ ななみ

熟蜜のヒミツ ななみ

エッチが大好きなのに旦那とセックスレスで欲求不満が溜まって応募してきたななみさん。美人!そして元ヤンっぽい顔つきがめちゃ最高!!身体もエロくちょっとムチッとしたところもグット!そして服を脱がすとEカップの綺麗なおっぱい!!カメラを恥ずかしがって最初は「撮らないで~」って言いながらだんだん感じてきちゃって股間からいやらしい匂いがビクビク。大きいバイブでおまんこズブズブされもうテンションMAX!「イクぅ~イクぅ~」と本番前からイキまくり!もう好きにして下さい。早くおちんちん欲しい~ななみさん大満足!

エロ揉み熟女の全裸マッサージ ~チ○ポもマ○コでパコ揉みします

エロ揉み熟女の全裸マッサージ ~チ○ポもマ○コでパコ揉みします

妖艶フェロモンが匂い立つ熟女のセラピストが全裸でマッサージしてくれたら…しかも寛容度も抜群で、自らボディを押し付けてきたり濡れたマンコに手を導かせたり…さらに、ビンビンに勃起したチンポを手だけでなく口やマンコで8585ご奉仕してくれたら最高だ!…と常日頃、悶々と妄想している殿方も多いはず。そこで今回は、序盤のボディケアは着衣なんだけど、オイルになったら全裸になり密着濃厚リンパマッサージへ。あんな所やこんな所に手が滑り込んできて、硬く勃起した乳首や熱く濡れたマンコを押し付けて挑発してきたり…と、エステ好き&受け身好きの皆様には垂涎の極楽の世界をお楽しみください。

左乳首フェザータッチでさわさわ焦らされ続けながら右乳首バキュームでじゅるじゅるしゃぶられ続ける

左乳首フェザータッチでさわさわ焦らされ続けながら右乳首バキュームでじゅるじゅるしゃぶられ続ける

聖域なき超悶絶地獄!痴首焦らし×痴首舐め!!もはや拷問なのかご褒美なのかも判りませんがとにかく左乳首は焦らされオアズケされながら右乳首は徹底的にしゃぶられ続けました。お姉さんの歪んだ愛情を敏感なチクビで受け止めるボク。単純な乳首舐めにはもはや満足できないというレベチなチクビニストの皆様に満足いただきたい…それがアロマ企画の願いです。じゅるじゅるじゅる…さわさわさわ…じゅるじゅるじゅる…さわさわ…。

憧れの女上司と 日向万里子

憧れの女上司と 日向万里子

仕事が出来て美人な女上司・日向さん。だけど僕には当たりがキツく、今日もまた怒られてしまった。でも、時折見せる笑顔にちょっとだけドキッとしてしまう。いつものように二人で残業。なんとかひと段落ついた所で日向さんがお酒をご馳走してくれた。静かなオフィスで僕と日向さんとでお酒を飲む。気づいたら日向さんは寝てしまっていた。少しはだけたブラウスから、はみ出しそうな胸が見えた。つい勃起してしまったが、酔ってしまった僕も瞼が重くなってきて…。

憧れの女上司と 横山みれい

憧れの女上司と 横山みれい

ある日出張を前に風邪を引いて寝込んでしまった不甲斐ない僕…そんな劣悪な状況に家のチャイムが…高熱でフラフラになりながらドアを開けるとなんと憧れの女上司みれいさんが…!?僕の心配をしてお見舞いに来てくれたのだ…意識朦朧とする最中だがはっきり分かるのはみれいさんのシャツの上からでも強調された美乳。そしてはち切れんばかりの美尻と太もも…どうしよう…みれいさんが僕の目の前に迫って来る…こんな状況なのにアソコにも熱が…。

憧れの女上司と 武藤あやか

憧れの女上司と 武藤あやか

今月は恒例の残業の多い月…でもそんな僕の隣には憧れの武藤さんが…やっとこさ仕事も片付いたが今日も当たり前に終電が無い…何故か話の流れで会社で飲む事に…酔って寝てしまう武藤さんに堪らず触ってしまう僕…それから気まずい時間を過ごして、また今日も残業…え?今日も会社で飲むんですか?

憧れの女上司と 八木あずさ

憧れの女上司と 八木あずさ

厳しくも優しく指導してくれる上司八木さん、僕は憧れとほのかな恋心を抱いていた。ある日僕が体調不良で休んでしまった時、八木さんが心配してお見舞いに来てくれて…あづさは部下についた彼を厳しく指導している。真面目で間違いも素直に認め頑張る彼を一人前に育てる為。だが、たまに見せる表情や、つい目に入ってしまうあずさの胸を見てしまって戸惑う姿を見ていると愛おしく感じてしまっていた。ある日、彼が体調不良で休んだ。あずさは仕事が手につかず、思い切って彼の部屋へとお見舞いに出かけた。辛そうに寝ている彼を介抱していると、彼はあずさの手を握りありがとうございますと言った。彼に言葉にの胸は高まり、今にも押し倒してしまいたい衝動に駆られ、自身の痴部が疼くのを感じた。あずさはそっと部屋を出ると、スカートをたくし上げた。恥ずかしい程濡れている下着に指を這わせると、彼との行為を妄想してしまった…

憧れの女上司と 一ノ瀬あやめ

憧れの女上司と 一ノ瀬あやめ

男顔負けヤリ手な女上司一ノ瀬さん。仕事に厳しく、僕はいつも怒られてばっかり。周りの同僚はそんな僕に憐れみの眼差しを送ってくる。でもたまに見せる笑顔が素敵で、僕は一ノ瀬さんが大好きだった。今日もプレゼンに失敗してしまい一ノ瀬さんから叱責され、ひとり残業していた。仕事が行き詰まり、息抜きを兼ねてこっそりと撮った写メを眺めているうちに寝てしまっていた。そして改めて再プレゼン。取引先との取引も上手く行き、一ノ瀬さんと僕は打ち上げに。お酒が進み、一ノ瀬さんは自宅で飲みなおそうと僕を招待してくれた。酔った彼女が少し潤んだ瞳で僕を見つめる。僕は堪らず彼女をベッドに押し倒した。酔った勢いとはいえ怒られるかもと思ったが、彼女は静かに瞳を閉じた。僕は今までの思いをぶつけるように彼女を抱いた。指で、舌で、カラダの全てを使い彼女を感じ、彼女も全て受け止めてくれた。夢のような時間を味わいながら僕は眠った。次の日、僕は頬に感じる暖かさで目を覚ました。寝ぼけ眼の僕に一ノ瀬さんはおはようと微笑み、優しくキスをしてくれた…。

憧れの女上司と 黒川すみれ

憧れの女上司と 黒川すみれ

今でも思い出す。新入社員の頃、上司として紹介されたのが、黒川すみれさんだった。凛として颯爽と歩く彼女に一瞬で心を奪われ、いつかあの人と同じ仕事がしてみたいと思っていた。あれから数年後。新プロジェクトに配属された私は、リーダーが黒川さんと言う事で張り切っていた。商談も上手くいき、後一歩の所で企画が頓挫した。リーダーである黒川さんの苛立ちは凄く、私は深夜彼女に呼び出された。既に酔っている彼女から聞かされたプロジェクトの中止、いつも気丈な彼女の落ち込みに私は酒を煽ると、思いつく限りの褒め言葉を並べ、彼女を励まし、勢いに任せ、好きですと告白してしまっていた…

憧れの女上司と 平岡里枝子

憧れの女上司と 平岡里枝子

姉のように優しく母のように厳しく僕を指導してくれる上司平岡さん。僕はそんな平岡さんに淡い恋心を抱いていた。ある日地方出張へ平岡さんと二人で行くことになった。商談は順調に進み、後は帰るだけとなったが、電車が動かず、仕方なく僕達は宿を探すことになった。やっと見つけた宿は1部屋しか空いておらず、相部屋となってしまった。宿が用意してくれた夕食を頂きながら平岡さんと話しをする。お酒も入ったことで僕は玉砕覚悟で平岡さんに告白してしまった。困った顔の彼女も素敵で僕は彼女を抱きしめ口付けし、僕達は結ばれた。お風呂から上がり、浴衣姿の理恵子さんがお酒を勧めてくれた。そろそろ寝ようと寝床に入ると理恵子さんが潤んだ瞳で見つめていた。彼女は僕の布団に潜り込むと、僕に悪戯をし始め、僕達は再び肌を重ねた。翌朝、僕は理恵子のキスで目が覚めた。昨日の事が夢でないと実感しつつ、幸せな気持ちで理恵子を抱きしめていた…

憧れの女上司と 平岡里枝子

憧れの女上司と 平岡里枝子

姉のように優しく母のように厳しく僕を指導してくれる上司平岡さん。僕はそんな平岡さんに淡い恋心を抱いていた。ある日地方出張へ平岡さんと二人で行くことになった。商談は順調に進み、後は帰るだけとなったが、電車が動かず、仕方なく僕達は宿を探すことになった。やっと見つけた宿は1部屋しか空いておらず、相部屋となってしまった。宿が用意してくれた夕食を頂きながら平岡さんと話しをする。お酒も入ったことで僕は玉砕覚悟で平岡さんに告白してしまった。困った顔の彼女も素敵で僕は彼女を抱きしめ口付けし、僕達は結ばれた。お風呂から上がり、浴衣姿の理恵子さんがお酒を勧めてくれた。そろそろ寝ようと寝床に入ると理恵子さんが潤んだ瞳で見つめていた。彼女は僕の布団に潜り込むと、僕に悪戯をし始め、僕達は再び肌を重ねた。翌朝、僕は理恵子のキスで目が覚めた。昨日の事が夢でないと実感しつつ、幸せな気持ちで理恵子を抱きしめていた…

憧れの女上司と たかせ梨子

憧れの女上司と たかせ梨子

僕がこの会社に入ってから、指導してくれている上司たかせさん。周りからは厳しいと評判だが、僕には優しくて僕は彼女に好意を抱いていた。そんなある日たかせさんと二人で日帰りの出張へ向かうことになった。商談は無事に終わり後は帰るだけとなったが、電車が動いておらず僕たちは急遽宿泊施設を探すことになった。なんとか見つけた温泉宿は一部屋しか空いておらず僕たちは相部屋になってしまった。宿が用意してくれた食事は美味しくたかせさんとお酒を頂くことに。お酒でほんのり赤くなってゆくたかせさんは艶っぽく、我慢できなくなった僕は好きですと告白し手を握り彼女を見つめた。少し戸惑っていた彼女だったが目を瞑り僕にキスをした。今までの思いをぶつけるように彼女を抱いた。行為の後、少し気まずくなった彼女は僕を温泉へと誘った。湯船に浸かりながら長い沈黙が続く。僕の手を握り彼女が見つめてくる。僕はそれに応えるよう優しくキスをした…

憧れの女上司と 伊東沙蘭

憧れの女上司と 伊東沙蘭

厳しい上司と噂の伊東さんと二人で出張となった。同僚はあの人怒らせると怖いぞとか言っていたが、僕からすると筋の通った上司、憧れの人だった。商談も上手く行き大口契約も取れたが、帰りの電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は伊東さんと一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく伊東さんに僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は伊東さんを抱きしめていた。伊東さんは驚き、少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄り合い二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求め合った…。

憧れの女上司と 伊東沙蘭

憧れの女上司と 伊東沙蘭

厳しい上司と噂の伊東さんと二人で出張となった。同僚はあの人怒らせると怖いぞとか言っていたが、僕からすると筋の通った上司、憧れの人だった。商談も上手く行き大口契約も取れたが、帰りの電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は伊東さんと一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく伊東さんに僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は伊東さんを抱きしめていた。伊東さんは驚き、少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄り合い二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求め合った…。

憧れの女上司と 並木塔子

憧れの女上司と 並木塔子

お姉さんのように優しく厳しく僕を指導してくれる上司・並木塔子さん。僕はそんな並木さんに淡い恋心を抱いていた。ある日地方出張へ並木さんと二人で行くことになった。商談は順調に進み、後は帰るだけとなったが、電車が動かず、仕方なく僕達は宿を探すことになった。やっと見つけた宿は1部屋しか空いておらず、相部屋となってしまった。宿が用意してくれた夕食を頂きながら並木さんと話しをする。お酒も入ったことで僕は玉砕覚悟で並木さんに告白してしまった。困った顔の彼女も素敵で僕は彼女を抱きしめ口付けし、僕達は結ばれた。お風呂から上がり、浴衣姿の塔子さんがお酒を勧めてくれた。そろそろ寝ようと寝床に入ると塔子さんが潤んだ瞳で見つめていた。彼女は僕の布団に潜り込むと、僕に悪戯をし始め、僕達は再び肌を重ねた。翌朝、僕は塔子さんのキスで目が覚めた。昨日の事が夢でないと実感しつつ、幸せな気持ちで塔子を抱きしめていた…。身支度を整え宿を後にする。塔子さんは自然に僕の手を握り、僕もぎゅっと握り返した。塔子さんは会社で見せていた笑顔とは違う微笑みで僕を見つめ、僕は幸せをかみしめていた…。

憧れの女上司と よりぬきスーパーベスト8時間

憧れの女上司と よりぬきスーパーベスト8時間

厳しく、優しく、そして美しい、憧れの女上司。ひょんなことから一夜を共にすることになってしまって、まさか彼女と男女の関係になれるなんて思いもよらなかった。そして彼女は僕のデカチンの虜になったんだ。

憧れの女上司と 松ゆきの

憧れの女上司と 松ゆきの

僕の上司はお姉さん的な存在の松さん。いつも笑顔で僕に優しく接してくれる。僕の憧れの存在だった。今日は仕事が立て込んでしまい、松さんと残業する事になってしまった。仕事が終わったのはいいが終電の時間も過ぎていた。すると松さんが仕方がないから酒でも買ってこいと言い、僕はコンビニへ。お酒が進み、話は僕の彼女の話題に。実はしばらく前に僕は彼女と別れていて、松さんに別れた原因を追及されてしまった。理由が恥ずかしかったので答えをはぐらかしていたのだが、押し切られ僕の性欲のせいだと答えた。僕は何度も彼女に求めてしまい、彼女に愛想を尽かされた。そう言っているうちに松さんは酔っ払って寝てしまった。僕は水を飲みに席を立ち戻ってくると、松さんはスカートがはだけたまま寝ている。僕はつい出来心で彼女にキスをした。彼女のいい匂いに興奮した僕は服の上から愛撫を繰り返した。が、ふと我に帰り、彼女に上着を掛けた。次の日僕は松さんの顔をまともに見れなかった。そして数日して、また松さんと残業をすることになってしまい…。

憧れの女上司と 郡司結子

憧れの女上司と 郡司結子

厳しい上司と噂の郡司さんと二人で出張となった。同僚はあの人怒らせると怖いぞとか言っていたが、僕からすると筋の通った上司、憧れの人だった。商談も上手く行き大口契約も取れたが、帰りの電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は郡司さんと一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく郡司さんに僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は郡司さんを抱きしめていた。郡司さんは驚き、少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった…。

憧れの女上司と 菊市桃子

憧れの女上司と 菊市桃子

僕の直属の上司、菊市さん。優しく厳しく僕に指導してくれる。周りの同僚は彼女の事を怖いと言っているが、僕は全然そうは思っていなかった。僕が上手く仕事をこなした時はとても嬉しそうに喜んでくれるし、失敗した時はすごく怒った後、優しく慰めてくれたりした。僕はそんな菊市さんが上司として女性として大好きだった。そんなある日の事、二人で日帰り出張に行く事になった。なんだかんだと仕事をこなし帰宅と思っていたが運悪く電車が動いておらず帰るに帰れなくなってしまった。仕方なく宿を探すがどこも空いておらず、やっと見つけた旅館の空室は1部屋。僕たちは二人同室で泊まる事になってしまった。食事をしお酒を頂きながら僕は菊市さんに愚痴をこぼしていた。少し酔った菊市さんはいつもの優しい眼差しで僕をみていた。菊市さんは大丈夫よと手を握ってくれた。僕は今までの想いが一気に溢れて来て、彼女に告白すると抱きキスをした。一瞬狼狽えた菊市さんだったが、僕を受け入れてくれた。その後の事はうろ覚えだが、朝起きた時、昨日の事が夢ではなかった事がわかった。僕は菊市さんのキスで目が覚めた。そしてそのままお互いの愛を確認し合うように抱き合い、カラダを求め合った…。

憧れの女上司と 菊市桃子

憧れの女上司と 菊市桃子

僕の直属の上司、菊市さん。優しく厳しく僕に指導してくれる。周りの同僚は彼女の事を怖いと言っているが、僕は全然そうは思っていなかった。僕が上手く仕事をこなした時はとても嬉しそうに喜んでくれるし、失敗した時はすごく怒った後、優しく慰めてくれたりした。僕はそんな菊市さんが上司として女性として大好きだった。そんなある日の事、二人で日帰り出張に行く事になった。なんだかんだと仕事をこなし帰宅と思っていたが運悪く電車が動いておらず帰るに帰れなくなってしまった。仕方なく宿を探すがどこも空いておらず、やっと見つけた旅館の空室は1部屋。僕たちは二人同室で泊まる事になってしまった。食事をしお酒を頂きながら僕は菊市さんに愚痴をこぼしていた。少し酔った菊市さんはいつもの優しい眼差しで僕をみていた。菊市さんは大丈夫よと手を握ってくれた。僕は今までの想いが一気に溢れて来て、彼女に告白すると抱きキスをした。一瞬狼狽えた菊市さんだったが、僕を受け入れてくれた。その後の事はうろ覚えだが、朝起きた時、昨日の事が夢ではなかった事がわかった。僕は菊市さんのキスで目が覚めた。そしてそのままお互いの愛を確認し合うように抱き合い、カラダを求め合った…。

憧れの女上司と 冴木真子

憧れの女上司と 冴木真子

上司冴木さん同伴で営業回り。なかなか成果を上げれず落ち込んでいた。冴木さんはそんな僕に優しく励ましてくれ、飛び込みで入った旅館でなんとか結果を残せた。冴木さんと二人良かったと笑いあいさあ帰ろうとした所、旅館のご主人が既に終電は終わっていると教えられた。途方にくれる僕たちにせっかくだから泊まっていけ安くするよと言われ、僕たちはご主人の行為に甘え泊まることになった。食事は豪華でお酒を飲みながら今日の反省をしていた。冴木さんがする駄目出しだが、憧れていた冴木さんと二人きりという状況が嬉しくて、僕は冴木さんをずっと見つめていた。それぞれ風呂に入り、寝床へ。しかし寝付けない。冴木さんに声をかけると彼女も又寝れないようだった。僕は話の流れから、冴木さんのことが好きですと告白してしまった。そして僕たちは体を重ねあった。翌朝、僕は冴木さんのキスで目が覚めた。微笑む彼女に僕は唇を重ねた…。

憧れの女上司と 冴木真子

憧れの女上司と 冴木真子

上司冴木さん同伴で営業回り。なかなか成果を上げれず落ち込んでいた。冴木さんはそんな僕に優しく励ましてくれ、飛び込みで入った旅館でなんとか結果を残せた。冴木さんと二人良かったと笑いあいさあ帰ろうとした所、旅館のご主人が既に終電は終わっていると教えられた。途方にくれる僕たちにせっかくだから泊まっていけ安くするよと言われ、僕たちはご主人の行為に甘え泊まることになった。食事は豪華でお酒を飲みながら今日の反省をしていた。冴木さんがする駄目出しだが、憧れていた冴木さんと二人きりという状況が嬉しくて、僕は冴木さんをずっと見つめていた。それぞれ風呂に入り、寝床へ。しかし寝付けない。冴木さんに声をかけると彼女も又寝れないようだった。僕は話の流れから、冴木さんのことが好きですと告白してしまった。そして僕たちは体を重ねあった。翌朝、僕は冴木さんのキスで目が覚めた。微笑む彼女に僕は唇を重ねた…。

憧れの女上司と 朝川静香

憧れの女上司と 朝川静香

毎月恒例の地方への出張…いつもは当然別々の部屋に泊まるのだがちょっとした手違いで憧れの女上司と同部屋に泊まる事に…初めて出張先で酒を飲んだせいか?何だか普段より酔いが早いな…あれ…?この柔らかいものは…まさかおっぱい?

憧れの女上司と 篠崎かんな

憧れの女上司と 篠崎かんな

僕の直属の上司、篠崎さん。優しく厳しく僕に指導してくれる。今日は二人で地方で営業回り。なんだかんだで時間が過ぎ、気付けば終電を逃してしまっていた。やっと見つけた旅館は1部屋しか空いておらず、仕方なく僕達はこの部屋で一夜を過ごすことになってしまった。早速風呂に入り部屋に戻ると食事が用意されていた。食事をいただきお酒を頂く。気がつけば二人とも結構飲んでしまっていた。すると篠崎さんから旦那さんの愚痴が。僕はぼそっと篠崎先輩のそうゆうところが可愛くて好きなんだけどなぁと呟いてしまっていた。それから暫くすると篠崎さんは酔いつぶれてしまっていた。布団へ運ぶと僕を旦那さんと勘違いしたのか篠崎さんが抱きついてきた。本当は嬉しかったが、やはりマズイと離れようとすると、少し真面目な顔で、さっき好きって言ったのは本当?と聞き目を閉じた。僕はたまらくなり彼女へキスをした。それはまるで夢のような、憧れていた女性となんども愛し合った。翌朝僕は彼女のキスで目を覚まし、昨日のことが夢ではないと実感した…。

憧れの女上司と 大城雪乃

憧れの女上司と 大城雪乃

入社当時からお世話になっている上司大城さん。厳しい指導で僕の同期たちからは恐れられていた。でも僕は彼女が見せる優しい笑顔が好きで、人知れず恋心を抱いていた。しかし大城さんは人妻で上司で僕には何も出来ないと思っていた。ある日、新プロジェクトの為、僕は大城さんとペアを組む事になった。同期からはご愁傷様と言われてしまったが僕は憧れの大城さんと仕事が一緒にできると毎日楽しくて仕方がなかった。外回り営業中、電車が動いていないらしく仕方なく僕たちは時間を潰す為居酒屋へ。しかし電車は動かず帰れない。すると大城さんが自宅へ招いて売れた。サイドの乾杯。緊張のあまり酔いが回った僕は、大城さんに好きだと告白してしまった。驚いたような困ったようなそれでいて嬉しそうな彼女の表情。手を握り目を見つめると、彼女は少し微笑んで目を閉じた。高まる気持ちを抑えゆっくりとキスをした。少し恥ずかしそうにする彼女が愛しくて、僕は彼女を抱きしめ再びキスをした…。

憧れの女上司と 大城雪乃

憧れの女上司と 大城雪乃

入社当時からお世話になっている上司大城さん。厳しい指導で僕の同期たちからは恐れられていた。でも僕は彼女が見せる優しい笑顔が好きで、人知れず恋心を抱いていた。しかし大城さんは人妻で上司で僕には何も出来ないと思っていた。ある日、新プロジェクトの為、僕は大城さんとペアを組む事になった。同期からはご愁傷様と言われてしまったが僕は憧れの大城さんと仕事が一緒にできると毎日楽しくて仕方がなかった。外回り営業中、電車が動いていないらしく仕方なく僕たちは時間を潰す為居酒屋へ。しかし電車は動かず帰れない。すると大城さんが自宅へ招いて売れた。サイドの乾杯。緊張のあまり酔いが回った僕は、大城さんに好きだと告白してしまった。驚いたような困ったようなそれでいて嬉しそうな彼女の表情。手を握り目を見つめると、彼女は少し微笑んで目を閉じた。高まる気持ちを抑えゆっくりとキスをした。少し恥ずかしそうにする彼女が愛しくて、僕は彼女を抱きしめ再びキスをした…。

憧れの女上司と 高瀬智香

憧れの女上司と 高瀬智香

キャリアウーマン、出来る女と評判高い高瀬さん。仕事に厳しく新入社員だった僕もよく怒られていた。しかしちょっとした時の表情や仕草が可愛くて僕は彼女の事が好きだった。あれから数年経ち僕は高瀬さんとの新規プロジェクトを行うことになった。僕は高瀬さんに褒めてもらうため頑張っていた。ある日新規開拓営業周りに二人で出掛けたが上手くいかない。そうこうしていると電車が止まっており、仕方なく食事を兼ねてに居酒屋に。しばらく時間を潰すが未だ電車は動いていなかった。結局僕は高瀬さんの家にお邪魔させてもらうことになった。好きな上司の家に二人きり。僕は意を決し告白し手を握りキスをした。気まずくなった僕はコンビニへ。戻ってくると高瀬さんは困ったような怒ったような顔をしていた。高瀬さんがさっきの告白は本気なのか聞いてきた。僕はハイと答えてを握りキスをした。彼女は優しく微笑むと僕を抱きしめてくれた。それからはまるで夢のようだった。彼女の体を十二分に味わい、お互い何度も求まった。翌朝、僕は隣で眠る彼女に気づき、昨日の事が夢じゃなかったと実感した。

憧れの女上司と 高瀬智香

憧れの女上司と 高瀬智香

キャリアウーマン、出来る女と評判高い高瀬さん。仕事に厳しく新入社員だった僕もよく怒られていた。しかしちょっとした時の表情や仕草が可愛くて僕は彼女の事が好きだった。あれから数年経ち僕は高瀬さんとの新規プロジェクトを行うことになった。僕は高瀬さんに褒めてもらうため頑張っていた。ある日新規開拓営業周りに二人で出掛けたが上手くいかない。そうこうしていると電車が止まっており、仕方なく食事を兼ねてに居酒屋に。しばらく時間を潰すが未だ電車は動いていなかった。結局僕は高瀬さんの家にお邪魔させてもらうことになった。好きな上司の家に二人きり。僕は意を決し告白し手を握りキスをした。気まずくなった僕はコンビニへ。戻ってくると高瀬さんは困ったような怒ったような顔をしていた。高瀬さんがさっきの告白は本気なのか聞いてきた。僕はハイと答えてを握りキスをした。彼女は優しく微笑むと僕を抱きしめてくれた。それからはまるで夢のようだった。彼女の体を十二分に味わい、お互い何度も求まった。翌朝、僕は隣で眠る彼女に気づき、昨日の事が夢じゃなかったと実感した。

憧れの女上司と 葵百合香

憧れの女上司と 葵百合香

美人で仕事出来る女と評判高い葵さん。仕事に厳しく新入社員だった僕もよく怒られていた。しかしちょっとした時の表情や仕草が可愛くて僕は彼女ことが好きだった。あれから数年経ち僕は葵さんとの新規プロジェクトを行うことになった。僕は葵さんに褒めてもらうため頑張っていた。ある日新規開拓営業周りに二人で出掛けたが上手くいかない。そうこうしていると電車が止まっており、仕方なく食事を兼ねて居酒屋に。しばらく時間を潰すが未だ電車は動いていなかった。結局僕は葵さんの家にお邪魔させてもらうことになった。好きな上司の家に二人きり。僕は意を決し告白し手を握りキスをした。気まずくなった僕はコンビニへ。戻ってくると葵さんは困ったような怒ったような顔をしていた。葵さんがさっきの告白は本気なのか聞いてきた。僕はハイと答えてを握りキスをした。彼女は優しく微笑むと僕を抱きしめてくれた。それからはまるで夢のようだった。彼女の体を十二分に味わい、お互い何度も求まった。翌朝、僕は隣で眠る彼女に気づき、昨日の事が夢じゃなかったと実感した。

憧れの女上司と 田所百合

憧れの女上司と 田所百合

ハッキリ物を言う漢気あるタイプの上司、田所さん。周りはキツイ女性と思っているが、僕はそんな田所さんが好きだし憧れていた。遂に念願叶い田所さんと同じプロジェクトを任された。しかし中々上手くいかない。そんな時田所さんに誘われ居酒屋へ。色々話していると電車が動いてないことが分かった。家に帰れない僕に田所さんはうちに泊まればと言ってくれた。田所さんの自宅に着いた僕はドキドキしっ放しで、勧められたお酒も飲み干してしまい、我慢できずに好きですと告白してしまった。冗談言わないでよという彼女の目を見つめ、手を握り僕はキスしてしまった…。

憧れの女上司と 鈴木真夕

憧れの女上司と 鈴木真夕

美人で仕事出来る女と評判高い鈴木さん。仕事に厳しく新入社員だった僕もよく怒られていた。しかしちょっとした時の表情や仕草が可愛くて僕は彼女ことが好きだった。あれから数年経ち僕は鈴木さんとの新規プロジェクトを行うことになった。僕は鈴木さんに褒めてもらうため頑張っていた。ある日新規開拓営業周りに二人で出掛けたが上手くいかない。そうこうしていると電車が止まっており、仕方なく食事を兼ねて居酒屋に。しばらく時間を潰すが未だ電車は動いていなかった。結局僕は鈴木さんの家にお邪魔させてもらうことになった。好きな上司の家に二人きり。僕は意を決し告白し手を握りキスをした。気まずくなった僕はコンビニへ。戻ってくると鈴木さんは困ったような怒ったような顔をしていた。鈴木さんがさっきの告白は本気なのか聞いてきた。僕はハイと答え手を握りキスをした。彼女は優しく微笑むと僕を抱きしめてくれた。それからはまるで夢のようだった。彼女の体を十二分に味わい、お互い何度も求まった。翌朝、僕は隣で眠る彼女に気づき、昨日の事が夢じゃなかったと実感した。