再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト
タカラ映像大人気シリーズの美味しい所だけをよりぬいた特盛り強力盤!性欲を持て余した男女が行き着いた先は身体の相性抜群だったかつてのパートナーだった。どうぞご堪能ください!!

0 reviews

stars

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai1
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai2
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai3
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai4
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai5
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai6
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai7
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai8
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai9
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト...thumbnai10
カテゴリ
型番
MGHT-292
配信開始日
2021年7月22日
メーカー
レーベル

関連動画

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 柏木舞子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 柏木舞子

私は以前年上の女房『舞子』がおりました。経済的な理由から離婚してしまいました。あれから数年、新しい職場で今の妻と会い、満たされた生活ではあるのですが、夜の方の相性というのがイマイチで…そんな折、舞子と再会しました。お互い再婚し近況を話すと、つい懐かしくなった私は、旅行中で妻のいない自宅に舞子を招き入れました。昔話と舞子への謝罪。あの頃の若かった二人。私は気持ちが抑えられなくなり、舞子を抱いた。罪悪感より、舞子との行為の快感が勝っていました。やはり、今の妻よりも舞子の方が相性がいい。自分を包み込むように受け入れ、お互いに快感を貪れる。心から気持ちがいい性行為が出来るのは舞子しかいない。それから数日後、私は舞子の自宅へと向かっていました。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 金杉里織

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 金杉里織

私は最近再婚いたしました。付き合っている時は大人しく健気で従順な女だったのですが、結婚してから豹変。恐妻家とはこの事なのだと理解した。常にヒステリックな妻に辟易していた矢先、元女房と偶然会いました。元女房は私より一回りほど上で、私が元女房を母親のように感じてしまい、別れてしまいました。久しぶりに会った元女房は変わらず笑顔で近況など話しました。お互い昔を懐かしんで話していくうち私はムラムラしてしまい、つい元女房を押し倒してしまいました。今の妻がさせてくれないクンニをし、妻がしてくれないフェラをして貰い、私たちは数年ぶりに合体しました。私もそうですが元女房も今の旦那の行為に満足できていなかったんでしょう。お互い貪るように求め合いました。それから暫くして、家のチャイムが鳴りました。出てみると元女房が立っていました。私は彼女の表情から全てを理解し、抱きしめ熱いキスをするのでした。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 翔田千里

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 翔田千里

元妻『千里』。僕よりも年上で、いわゆる姉さん女房。なんでもしてくれて、包み込んでくれていたのに、勘違いした僕は浮気し、それが元で千里とは別れました。その後僕は浮気相手だった今妻と再婚しました。しかし上手くいっていないと言うか、今妻は僕をATMとしか見ていなく、鬼嫁として僕を虐げています。そんな折、元妻千里と再会した僕は、つい昔の癖で甘えてしまいました。昔話に花が咲き、気がつけば僕は千里を抱いていました。抱かせてくれない今妻と違い、千里は全身で僕を受け止め、痒い所に手が届くプレイ。千里もまた今の旦那と夜が上手くいっていないらしく、僕の激しい行為に体を震わせ喜んでいました。僕は再び千里の体の虜になり…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 森下美緒

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 森下美緒

元妻、美緒に会ったのは本当に偶然だった。8年前リストラされ自暴自棄になった私は美緒を傷つけた。別れは仕方がない事だった。あれから私は改心し、新しい妻もでき、二人で飲食店を始めた。それなりに繁盛し、少しだけ余裕のある生活が今ある。今の妻は私を支えてくれ、尽くしてくれるのだが、夜の相性だけは全く良くなかった。そんな時、元妻美緒を思い出しては後悔していた。そんな矢先の偶然の出会い。私は美緒に駆け寄ると緊張しつつも声をかけた。後悔謝罪色んな気持ちが溢れたが、今は美緒と話がしたかった。半ば無理やり自宅に誘い、お互いの近況を話し始める。私は昔を思い出しながら、美緒を見つめ話を聞く。美緒の唇が私を誘った気がした。私は自分を止められなかった。美緒の唇を奪うと、あの時、昔のお互い愛しあっていた時のように、体を愛撫する。美緒は自分の弱い所を攻められ、頭は拒否していても、カラダが元夫を受け入れようとしている事に混乱した。お互いの秘部が深く繋がった時、忘れていた快感が再び蘇ってきた。そして夢中でカラダを重ねていくのであった。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 安野由美

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 安野由美

僕が元妻・由美と別れたのは、自分の借金のせいだった。あれから数年、僕は今の妻と知り合い、婿養子として再婚した。最初は仲良くしてくれていたが、次第に高圧的な感じで、今は肩身の狭い思いをしている。明日から、義両親と妻とで旅行に行く。妻の下着を鞄に詰めながら、僕は少し悲しくなった。妻達が旅行に出かけ、僕は自由な時間を満喫していた。チャイムが鳴り、出てみると保険勧誘の女性が立っていた。なんと元妻・由美ではないか!戸惑う由美を無理矢理リビングにあげると、お互い近況を話した。懐かしい昔話をしていると、昔、由美と夫婦だった時の行為が頭をよぎる。つい、衝動的に由美に抱きつき、由美を求めた。嫌がる由美だが、勝手知ったる性感帯をピンポイントで責め、次第に欲情しはじめたが、会社からの呼び出し電話で最後まではいけなかった。帰る由美を私はこっそり後をつけた。由美の家から男性が出かけて行くのを確認した私は、チャイムを鳴らした。出てきた由美を抱き寄せ昨日の続きを再開した。由美は昨日の事でムラムラしていたようで、拒否しつつも体を開いた。久しぶりの元妻の体は、空白期間が嘘のようにしっくりと私を受け止め、全てを吐き出させてくれた。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 円城ひとみ

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 円城ひとみ

年上の元妻『ひとみ』の異常なまでの性欲について行けなくなった僕は、別れを選択した。あれから数年、縁があり再婚したが、今の妻はとても淡白で、結婚してからも数えるほどしかしていない。もやもやとした毎日を過ごしていたが、偶然元妻ひとみと再会した。変わらぬ容姿とは裏腹にどこか元気が無い。幸いな事に現妻は出掛けていたので、ひとみを誘いやすく、お互いの近況など話す為自宅へと招き入れた。やはりと言うか、ひとみも再婚していたが夜の方で満足できていない様子だった。自分も物足りないと告げ、ひとみを押し倒した。ひとみは拒否しようとしたが、逞しく硬くなったアレを触ると、昔のようにおねだり顔になるのが分かった。ひとみの好きな事は変わっていなく、久しぶりの性行為に大満足だったし、ひとみを満足させられたと思う。あれから僕たちはひっそりと関係を続けている。ひとみはパンパンに溜めて濃くなったモノを放出されるのが大好きだから、自慰行為は自粛している。性に関しては勝手知ったる元女房の方が今の妻よりずっといいですよ。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 加山なつこ

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 加山なつこ

体の相性は良かったが、価値感の違いで別れを選んだ『なつこ』。あれから数年が経ち、なつこは前夫より若い男と再婚した。優しくて可愛い夫だが、受け身体質な所が少し気になっていた。偶然前夫とすれ違ったなつこ。懐かしい話をし、時間が過去をいい思い出に変えてくれていた。話の最中、前夫から急に抱きつかれ、唇を奪われた。なつこの体を隅々まで知っている彼の懐かしい愛撫。何度もイカされた思い出がよぎる。そして熱くて硬いアレを目の前に出されると、ダメと言いつつも咥えてしまう。おもむろに股間に当てがわれたアレがなつこの中に挿入された時、現夫とは違う逞しさ、激しさに瞬間昇りつめてしまう。そそくさとその場を後にしたなつこだが、久しぶりの快感を反芻していた。気付くとなつこは前夫の自宅前に立っていた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 小田しおり

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 小田しおり

元夫とは所謂性格の不一致で別れた。あれから10数年、しおりは再婚し、マンションに引っ越してきた。再婚相手は神経質で、夜の行為の回数まで決まっている。そんな生活にしおりは少し疲れてしまっていた。そんな時、偶然元夫と再会する。なんと同じマンションの住人だったのだ。懐かしくなった元夫はしおりを家へと招き入れ、別れてからの話など語った。しおりの話を聞いていた元夫だが、しおりに抱きつきキスをしてしまう。慌ててしおりは拒んだが、元夫の愛撫に堪らなくなりそうだった。我慢できなくなりそうになったが、電話がなり、部屋を後にする。その夜、しほりは元夫を思い出しながら自慰をしてしまう。次の日、再婚相手が出勤したと同時に、元夫が現れ、抑えていた欲求が爆発するがごとく、性行為をしてしまう。こんな関係はダメだと思っているしおりだが、元夫の行為が忘れられず、彼の部屋をノックするのだった…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 笹川蓉子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 笹川蓉子

自分が子供すぎた為、蓉子とは別れることになってしまった。あれから数年。再婚し真面目になった僕は、偶然蓉子と再会した。再婚したことを話し、妻が居ないからもう少しだけ話さないかと蓉子を誘った。自宅へ迎え入れると、僕は蓉子に謝まった。あの時はごめんと。蓉子はもう前のことでしょ?とフフフと笑った。お互い再婚生活が上手くいっていないのは分かっていた。僕は蓉子に今SEXレスだとつい言ってしまった。蓉子に抱きつくとキスをした。ダメと言いつつ拒めない蓉子だが、久しぶりの愛撫に体の力が抜けてしまっていた。そして差し出されるビンビンのチンコ。蓉子はすでに受け入れる準備が出来ていたが、こんなことはダメと叫んでいた。しかし、ゆっくり一刺し目が入った瞬間、全身に痺れるような快感が走った。お互い久しぶりのSEXにしばし没頭し、絶頂に達した。蓉子は逃げるように家を出てしまう。一瞬悩んだ僕だったが、蓉子を追って飛び出していた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 紅月ひかり

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 紅月ひかり

年上の女房より若い娘がいいと浮気をし、慰謝料払い離婚。ピチピチの今の妻と再婚したはいいが、どうも色々噛み合わない。結婚前はしてくれていたフェラも嫌がるし、前戯をしようとしても拒否。妊娠したいだけだからと股を開かれても…そして今日は同窓会だそうで、僕は一人寂しくコンビニ弁当と歩いていると、別れた前の女房が目の前にいた。懐かしさもあり嬉しくなった僕は彼女をウチへと誘った。渋々ながらついてきた彼女と近況報告をしあっていると、つい昔の癖で襲いかかってしまった。お互い再婚してるし…と彼女に言われたが、元夫婦、ピンポイントで彼女の喜ぶスポットを刺激し、有無を言わさずイかせた。そういう強引なところが治ってないと叱られたが、ズボンを下ろし硬くなったアレを差し出すと、もぅと言いながらフェラしてくれた。愛おしそうに舐める姿は昔と変わっておらず、イカされそうになるのを我慢して彼女の中へと挿入した。なんでこんないい女と自分は別れたんだろう。そう考えながら腰を動かし、彼女と一緒に絶頂に達した。やはり体の相性も何もかも彼女の方が…そう思うと僕はもう一度やり直さないかと、彼女に尋ねた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 吉岡奈々子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 吉岡奈々子

元妻・奈々子。僕よりも年上で、いわゆる姉さん女房。なんでもしてくれて、包み込んでくれていたのに、勘違いした僕は浮気し、それが元で奈々子とは別れました。その後、僕は浮気相手だった今妻と再婚しました。しかし上手く行っていないとゆうか、今妻は僕をATMとしか見ていなく、鬼嫁として僕を虐げています。そんな折、奈々子と再会した僕は、つい昔の癖で甘えてしまいました。昔話に花が咲き、気がつけば僕は奈々子を抱いていました。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 桧山えつ子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 桧山えつ子

私は以前、年上の女房・えつ子がおりました。経済的な理由から離婚してしまいました。あれから数年、新しい職場で今の妻と会い、満たされた生活ではあるのですが、夜の方の相性というのがイマイチで…そんな折、元妻・えつ子と再会しました。お互い再婚し、近況を話すと、つい懐かしくなった私は、旅行中で妻のいない自宅に、えつ子を招きいれました。昔話とえつ子への謝罪。あの頃の若かった二人。私は気持ちが抑えられなくなり、えつ子を抱いた。罪悪感より、えつ子との行為の快感が勝っていました。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 早川りょう

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 早川りょう

今更何を言っても無駄なのはわかっている。でもりょうと別れたことを今も後悔している…。りょうとは価値観の相違で離婚した。今思うと、自分が大人になれていなかったから、りょうを傷つけてしまっていたんだと思う。あれから私は再婚した、自分より若い妻。周りから羨ましがられたが、我儘で家事も出来なくて、私はすぐに再婚を後悔した。そして気づくとりょうと今の妻を比べてしまっていた。そんな時、偶然りょうと再会した。私は嬉しくて仕方がなかった、りょうと話がしたかった、離れたくなかった。彼女の家へ半ば無理やりに押しかけ、昔話と今の生活を話す。りょうを見ていると、昔の愛し合っていた時のことを思い出してしまい、つい衝動的に彼女を押し倒してしまった…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 艶堂しほり

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 艶堂しほり

しほりと離婚して10年弱。久しぶりに彼女と再会した。互いに近況報告している時、しほりが付き合っている時に見せていた仕草をしていた。そう彼女がHしたがっている時に見せていた表情。そう僕も今しほりと同じ事を考えている。こういう所はすごく似ていたなと思い出した。しほりを抱きしめ、キスをし、体を弄った。嫌がるしほりだが、嫌がっていない事を僕は知っている。感じるとこを責め、びっしょりと濡れている秘部へ棒を突き立てた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 星野友里江

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 星野友里江

今の妻と再婚して数年、次第に自分への当たりが強くなり、最近は夜の生活すら拒否してくる寂しい毎日を過ごしていた。妻が出かけ、ひとり家の中で休んでいると、偶然元妻・友里江が訪問販売員として我が家にやってきた。あまりのことに興奮した私は、友里江を部屋へと招き入れた。昔の事、今の事、お互い報告し合うような感じで話していた。ふと友里江との性行為の事を思い出した私は、辛抱出来なくなり、友里江に覆いかぶさると激しくキスしカラダを弄った。嫌がる友里江だったが、自分の性感帯を熟知した愛撫に感じてしまう。そして激しく勃起したチンポを目の前に差し出され、強引に咥えさせられると、カラダの奥からイヤらしい疼きが抑えられなくなり、入れられた瞬間、絶頂に達してしまう。その夜、ひとりリビングで考え込む友里江。今の夫は再就職もうまくいかず、酒とギャンブルに溺れ、あっちの方も弱い。実際、友里江も欲求不満だった。そんな中、突っ込まれた元夫の硬い勃起チンポ。友里江は我慢できず自慰に耽るのだった…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 伴牧英

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 伴牧英

バツイチで再婚して数年。仲の良かった夫婦のはずなのに、妻は最近変わってしまった。毎日のように妻に罵られながら会社に行く、そんな日常。でも今日は違った。外出しようとした私の眼の前に、離婚した元妻・牧英がいた。全くの偶然。牧英は最近このマンションに引っ越してきたらしい。懐かしさと嬉しさで興奮した私は、妻が外出している事もあり、自宅へと招待した。お互い近況など、再婚したこと、夫婦仲が良くないことなど。牧英も再婚し、夫が潔癖気味で疲れるなど、他愛なく話していた。不意に牧英と夫婦だった時の事を思い出した。あの時の行為はお互い満足していたのに、今の自分は満足出来ていない。私は牧英に抱きつくと、思い切り彼女の体を弄った。牧英は堪らず拒否してきたが、私は構わず熱いキスをした。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 烏丸まどか

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 烏丸まどか

元旦那と別れて数年。今の夫に出会い色々ありましたが再婚し幸せに暮らしていました。でも、夜の方がイマイチ満足出来ていませんでした。そんな時、エアコンの調子が悪く修理業者を頼んだところ、なんと元旦那が。少し気まずかったですが、元旦那とも昔話が出来、なんだか懐かしい気分になりました。私が家事などしていると急に元旦那が抱きついてきました。イヤッと拒否しましたが無理やり私の体を弄り始め、昔私たちが愛し合っていた時のように、私の弱いところを責めて来ました。頭では拒否しているのにカラダはもっとと求めている。私は何度も元旦那にイカされてしまいました…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 今井寿子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 今井寿子

今の夫は真面目で愛妻家で寿子は特に不自由な事は無かった。ただ、夫が多忙な為、愛の営みが極端に少なくなっていた。夫の体調を考えるとレスも仕方が無いと思ってはいるが、寿子は年を重ねるごとに増してくる自身の性欲を処理できず悩んでしまっていた。たまたま偶然元夫に声をかけられた。懐かしさもあり寿子は自宅へと誘った。元夫とは性格が合わず別れてしまったが、SEXの相性だけは良かった。話を聞くと元夫も現妻とはレスで溜まりまくる性欲を持て余していた。一瞬の沈黙の後、元夫は我慢できず寿子を襲ってしまう。突然の事に驚き、拒否しようとする寿子だが、強引な愛撫に燻っていた性欲が解放されてしまう。元夫の差し出されるチンポは既に硬く勃起しており、一差し貫かれた瞬間、寿子は久しぶりの行為に嫌でも体が反応してしまった。元夫の激しい行為は何度も寿子を絶頂へと導かれてしまう。行為が終わり、帰宅しようとする元夫。寿子も無言で服を着、玄関へと。別れ際、寿子は何も言わず元夫に抱きついた。二人は見つめ合うと唇を重ね、体を弄り合う。二人の吐息だけが、静かな玄関に響いていた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 白藤ゆりえ

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 白藤ゆりえ

バツイチの私だが、若い妻と再婚し数年。妻は酒癖が悪く、ほぼ毎日のように深酒泥酔。その為夫婦の営みなど出来ず、鬱憤が溜まっていた。久しぶりに外食しようと出掛け、飲酒も程々今日はいい夜になりそうだと思っていた矢先、妻があるカップルに近付いて行った。どうやら妻の元彼だったらしく、仲良さ気に話しかけた。お互い挨拶を交わしたところで、元彼の妻が私の元嫁ゆりえだと気付き、私とゆりえは絶句した。ただ、お互いの伴侶は私たちが元夫婦だという事はしらず、元々の関係、上司と部下と説明した。現妻は元彼夫婦を自宅へ誘い、飲み会を開いた。案の定出来上がる妻と元彼。二人はいつの間にか寝てしまい、私とゆりえは二人の面倒を見つつ昔話などしていた。不意に私はゆりえとの生活を思い出し、あの頃激しく求め合った事を思い出し、出来心でゆりえに抱きついてしまった。勝手知ったる元嫁のカラダ。拒否しようとするゆりえに有無を言わさず攻め立てようとしたが、元彼が目を覚まし、ゆりえは帰宅していった。スイッチの入ってしまった私はこっそりゆりえの後を尾行した。翌日、ゆりえの夫が出社したのを見計らい、ゆりえの元へ向かった。私の訪問に驚いていたが、ほぼ無理やりキスをすると、愛し合っていた頃の、Hが大好きだったゆりえの表情が垣間見えた。ゆりえの好きだった愛撫を続けるとゆりえは感じ始め、トロンとした甘い眼差しに。私は昂まった股間をゆりえの前に差し出すと、最初嫌がっていたのが嘘のように、自らしゃぶり始めた。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 一条綺美香

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 一条綺美香

私はバツイチで再婚している子供はいない。別れた元妻は年上の姉さん女房でイイ女だった。しかし自分が大人になりきれず別れた。再婚相手は若く、我儘で、まるで昔の自分を見ているみたいで…妻が妻の両親と旅行に行く数日間、私は久しぶりに羽を伸ばせるとのんびりしていた。すると、チャイムが鳴り、保険の勧誘の女性が。断ろうと玄関に向かい、扉を開けると私の元妻・綺美香が立っていた。私は驚いたが、久しぶりの再会に嬉しくなり、綺美香を無理やり家に上がらせ、昔話に花が咲く。綺美香との過去を思い出す内、今の妻では満足が得られない綺美香とのSEXが思い出される。私は綺美香に抱きついた。嫌がる綺美香に昔のような愛撫をする。性感帯も感度も変わっていない綺美香に私は興奮し、挿れたくて仕方がなくなっていた。綺美香のアソコは昔以上に濡れており、挿入した瞬間、綺美香のカラダが私を欲しているのが伝わった。これから激しくと思っていた矢先、綺美香の電話が鳴り、私は不完全燃焼のまま、綺美香は帰宅してしまった。私はこっそり後をつけ、彼女の自宅を突き止めた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 音羽文子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 音羽文子

再婚した女房は若くて仕事も出来る。僕は再婚した女房の元で秘書みたいな事をしている。ヒモみたいな感じだけど…見兼ねた女房が僕の勉強の為に経理の講師を雇った…それはなんと昔の女房…前妻だ。今の女房には無い大人の魅力と優しさで僕の股間はどうやら昔を思い出し発情したようだ…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 北川礼子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 北川礼子

礼子は数年前再婚し、仲良く暮らしていたが、不況の煽りを受け夫は無職になってしまった。夫は職を探すもうまくいかず、今は礼子が家計を支えている。意気消沈の夫を慰めようと営みを誘うが、ストレスからなのか夫は中折れし再び落ち込んでしまった。礼子は優しく慰めるが、物足りなさに悶々としてしまっていた。日中、礼子は懐かしい人、元夫と偶然再会した。軽く挨拶し、礼子は帰ろうとしたが、元夫が引き止め、彼の自宅へ。近況など、自分たちが別れてからの話をしていると、突然覆いかぶさってきた。元夫の強引な性格は変わっておらず、そこが離婚の原因でもあったのだが、礼子は自分の弱い所を攻められ身悶えしまう。そそり立つ勃起棒を見せつけられ、抵抗虚しく口の中に入れられた。懐かしくいとしい感情とともに子宮が疼く。深く膣内に差し込まれた時礼子は瞬時に達してしまう。激しくピストンされると、体が勝手に反応し、快感の波が押し寄せる。が、少し残った理性で礼子は元夫の家を後にした…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 遠田恵未

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 遠田恵未

それは本当に偶然だった。妻が旅行で出掛け、一人コンビニ弁当を購入し帰宅していると、見覚えのある女性が通り過ぎていった。元妻だと気付いた僕は声をかけた。懐かしさでいっぱいな僕は彼女を自宅へと誘った。元妻とは経済的な理由から離婚した。あの時は自分も若く幼かった。お互い近況を報告しあい、彼女は割と裕福な男性と再婚しているみたいだった。ただ彼女の表情が少し曇り、少し悩んでいる風だった。元夫としては放っておけず、悩みを聞いていたのだが、その表情がなんとも言えずセクシーで、二人が愛し合い身体を重ねていた場面を思い出してしまった。たまらず興奮した僕は彼女を押し倒した。ダメと抵抗するが、御構い無しに愛撫した。元妻の性感帯は変わっておらず、拒否しつつも次第に身体は感じてきているようだった。おもむろに挿入すると、まるでアソコが自分の股間を待っていたかのように、優しくもきつく締め付けてきた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 桐島美奈子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 桐島美奈子

バツイチの俺は数年前若くて気立てが良い今の妻と結婚した。順風満帆な筈だった。付き合っている時はわからなかったが、妻は金遣いが荒く、遊んでばかり、最近は俺を蔑ろにしている。当たり前だが夜の生活は皆無だ。家に帰っても居場所がなく俺はこの先どうするか悩んでいた。そんな時、偶然受けた仕事場が、なんと元妻の家だった。元妻を目の前にして俺は、その当時の事を素直に詫びた。自分が大人になれなかったから離れて行ってしまった美奈子。作業が終わり俺は美奈子と夫婦だった時の事を思い出していた。まるで磁石のように惹かれあい、何度も何度も愛し合った事を。俺は美奈子をマジマジと見つめた。あの時よりムチっとして漂う女匂に、俺はつい抱きついてしまった。美奈子の体を弄り、彼女が好きだった所を攻めてみる。嫌がって逃げようとするが、昔と変わらず敏感に反応し、俺はたまらなく興奮してしまっていた。そして半ば無理やりに挿入すると、今まで待っていたかのようにスルリと滑らかに俺を受け入れていった…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 楠木奏

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 楠木奏

とある昼下がり、ぼくの妻が前を歩いてきたカップルに声をかけた。どうやら妻の元彼らしい。そうなんだと思ったが、その隣にいる女性を見て僕は一瞬息を飲んだ。前妻の奏だった。もともと奏とは上司部下の関係で社内結婚し、お互いの性格の不一致で数年前別れた。妻は元彼、奏の夫と話が盛り上がっており、何故か家で飲む事になった。妻は酒癖が悪く気乗りしなかった。今の事、昔の事など当たり障りなく話していると、妻と奏の夫は泥酔し寝てしまった。夫を介抱する奏を見、昔の事を思い出してしまった。奏と愛し合い抱き合っていた頃の事を。僕は無意識に奏を抱き寄せキスしてしまった。もちろん嫌がる奏だが、スイッチの入ってしまった僕は強引に体を弄っていった。が、あと一息のところで奏夫婦は帰っていった。僕は翌日奏が一人の頃を見計らい、彼女の家へと向かった…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 賀川房江

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 賀川房江

バツイチの俺は数年前若くて気立てが良い今の妻と結婚した。順風満帆な筈だった。付き合っている時はわからなかったが、妻は金遣いが荒く、遊んでばかり、最近は俺を蔑ろにしている。当たり前だが夜の生活は皆無だ。家に帰っても居場所がなく俺はこの先どうするか悩んでいた。そんな時、偶然元妻・房江に再会した。元妻を目の前にして俺は、その当時の事を素直に詫びた。自分が大人になれなかったから離れて行ってしまった房江。俺は房江と夫婦だった時の事を思い出していた。まるで磁石のように惹かれあい、何度もなんども愛し合った事を。俺は房江をマジマジと見つめた。そしてふいに抱きついてしまった。房江の体を弄り、彼女が好きだった所を攻めてみる。嫌がって逃げようとするが、昔と変わらず敏感に反応し、俺はたまらなく興奮してしまっていた。そして半ば無理やりに挿入すると、今まで待っていたかのようにスルリと滑らかに俺を受け入れていった…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 守谷多香子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 守谷多香子

多香子と別れたのはもう何年も前。大人の多香子と子供の自分。今になって思えば多香子にただ甘えていただけだったんだと思う。今は再婚し、ある程度満足な生活は出来ている。そんなある日、多香子と偶然に再会した。妻が外出している事もあり、多香子を自宅へと誘った。再婚したとかどうとか。思い出話に花が咲き、昔の楽しかった日々を思い出す。そして会話はお互いの夜の話へ。多香子の夫は深酒して寝てしまうらしい。その表情は暗かった。自分も同じ、妻とはセックスレス。その時昔多香子と愛し合った日々がフラッシュバックした。何度も愛し合い求めあった日々。私は多香子に近づき抱きしめると多香子は嫌がった。でもその態度は本気の拒絶ではない事を私は知っていた。やや強引に唇を奪い、多香子の性感帯を刺激した。敏感な反応は昔と変わっていなかった。甘えるように欲しがる眼差し、愛撫も不要なほどに濡れている秘部。数年ぶりの多香子への挿入はとてもスムーズでいやらしいほど絡みついてきた。私たちは夢中で快楽を貪り、お互いに果てた。多香子はゆっくり起き上がるとお風呂場へと向かった。私はシャワー浴びる多香子を抱きしめキスをした…

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 菅谷みどり

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 菅谷みどり

元妻みどりは年上で、僕は彼女に甘えてしまい、結果別れてしまった。それから数年、僕は年下の妻と再婚したが、うまくいっていない。妻が飲み会でいない夜、コンビニで夕飯を買う。そんな時、偶然元妻と再会した。僕は懐かしさから自宅へと誘い、お互いの近況など話した。酒も多少入り、僕は日々の不満をみどりに愚痴っていた。そんな僕をみどりは優しい眼差しで聞いてくれていた。僕は一瞬彼女と暮らしていた時のことを思い出す。いつも笑顔で僕のそばにいてくれて、愛し合った時のことを。僕はみどりの肩に手を掛け、ゆっくりと揉む。次第に下に下がる手をみどりはやんわりと拒否した。僕は思い出した。みどりは少し強引で優しい攻めに弱いことを。言葉では拒否していても愛撫に敏感に反応している、昔のみどりのままだった。僕はみどりにむしゃぶりつき、服を脱がすとみどりの股間に吸い付いた。指と舌で執拗に攻めるとみどりから拒否の言葉が消えた。僕はおもむろにチンポをみどりの目の前に差し出すと、待っていたかのように咥え、味わい始めた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 今浪優

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 今浪優

前の夫別れ、良縁あり再婚した優だが、真面目で仕事一筋な夫との温度差に悩んでいた。確かに前の夫に比べ裕福な生活は出来ているが、愛されているいう実感が湧いてこなかった。そんなある日、宅配便の受け取りでドアを開けると、偶然にも元夫が荷物を抱えていた。真面目に働いているという元夫の姿に優は嬉しくなり、お茶へ誘った。お互い再婚しているという話をしながら、不満はないけどと言葉を濁す優に元夫は実はと不満を漏らし始めた。あの頃は二人とも若かったからと言いかけた優に元夫が覆いかぶさってきた。いきなりの事で慌てる優だが、自分の弱い所を熟知している元夫に良いように嬲られてしまう。頭では嫌がっていても身体が求める快楽に抗えない優は元夫を受け入れてしまい…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 福田由貴

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 福田由貴

休日、妻もおらず一人で家にいると、チャイムが鳴った。出てみると、離婚した元妻が立っていた。どうやら営業で廻っているらしく、偶然の再会にお互い驚いてしまった。お互いの再婚した事など近況を話し、昔話に花が咲いた。ふと由貴を見つめると、昔の楽しかった事などが思い出され、朝から晩まで愛し合った事を思い出した。今の妻と行為で満足出来ていない僕は、興奮してしまい、由貴に抱きついた。嫌がる由貴だが、彼女の弱いところを知っている僕は構わず攻めていった。嫌がりつつも潤いを帯びた由貴の秘部に熱い棒を差し込むと、二人が夫婦だった時のように絶頂に達した。そそくさと立ち去る由貴の姿に僕は再婚した事を後悔した。僕は良い事を思いつき、こっそりと彼女の後をつけ、彼女の自宅を探し当てた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 福田由貴

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 福田由貴

休日、妻もおらず一人で家にいると、チャイムが鳴った。出てみると、離婚した元妻が立っていた。どうやら営業で廻っているらしく、偶然の再会にお互い驚いてしまった。お互いの再婚した事など近況を話し、昔話に花が咲いた。ふと由貴を見つめると、昔の楽しかった事などが思い出され、朝から晩まで愛し合った事を思い出した。今の妻と行為で満足出来ていない僕は、興奮してしまい、由貴に抱きついた。嫌がる由貴だが、彼女の弱いところを知っている僕は構わず攻めていった。嫌がりつつも潤いを帯びた由貴の秘部に熱い棒を差し込むと、二人が夫婦だった時のように絶頂に達した。そそくさと立ち去る由貴の姿に僕は再婚した事を後悔した。僕は良い事を思いつき、こっそりと彼女の後をつけ、彼女の自宅を探し当てた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 北森麻子

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 北森麻子

年下夫の浪費が原因で離婚して数年。縁あって今の旦那と再婚したが、ここ数年の不景気で旦那は無職になり酒に逃げる毎日。麻子の稼ぐパート代で夫婦なんとか暮らしている状態だった。日々の忙しさと旦那の事で麻子の不安は募るばかり。そんな時、前の夫と偶然再会した。昔に比べしっかりとした男になっている姿に麻子は感慨深いものを感じた。近況など話しつつ、二人昔話に花が咲いた。麻子は不意に呟いた。あの頃の様に戻れないかな…と。一度で良いからあの頃の様に抱いて欲しいと。前夫は驚き、二人とも再婚してるしと諌めるが、麻子はお願いだからと目を閉じた。その姿に何かを感じた前夫は今日だけだぞと、唇を重ねた…

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト10人8時間

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…よりぬきスーパーベスト10人8時間

前の女房と離婚して、ずっと若い嫁をもらったがメシはまともに作ってくれない、夜の生活もほとんど無い。単なる給料を運んでくるだけの働きアリになってしまった俺。しかし、ひょんなことで前の年増な女房と出会ってしまった。体の相性もぴったりだったあいつと…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…10人8時間

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや…10人8時間

前の女房と離婚して、ずっと若い嫁をもらったがメシはまともに作ってくれない、夜の生活もほとんど無い。単なる給料を運んでくるだけの働きアリになってしまった俺。しかし、ひょんなことで前の年増な女房と出会ってしまった。体の相性もぴったりだったあいつと…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 水上由紀恵

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 水上由紀恵

前の妻とは性格の不一致で離婚した。あれから数年。年下の可愛い女性と結婚した僕だったが、日に日に増してくる彼女の我儘に振り回され、既に再婚した事を後悔し始めていた。今日も友達と旅行に行くと言われ、仕事のある僕を残し出かけて行った。会社帰り、コンビニで弁当を買い帰宅していると、前の妻由紀恵と偶然にも再会した。今の妻に蔑ろにされていた私は懐かしい顔を見た事で嬉しくなり、お茶でもと誘った。悩んでいる風な由紀恵だったが強引に自宅へと招待した。お酒を飲みながら、お互い再婚した事など話していると、由紀恵と生活していた幸せだった頃を思い出した。どうして別れたんだろうと思いながら由紀恵を見つめていると、体の相性も良く、何度も互いに求めあったあの頃の事が思い出され、不意に由紀恵を抱きしめてしまっていた…。

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 水上由紀恵

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 水上由紀恵

前の妻とは性格の不一致で離婚した。あれから数年。年下の可愛い女性と結婚した僕だったが、日に日に増してくる彼女の我儘に振り回され、既に再婚した事を後悔し始めていた。今日も友達と旅行に行くと言われ、仕事のある僕を残し出かけて行った。会社帰り、コンビニで弁当を買い帰宅していると、前の妻由紀恵と偶然にも再会した。今の妻に蔑ろにされていた私は懐かしい顔を見た事で嬉しくなり、お茶でもと誘った。悩んでいる風な由紀恵だったが強引に自宅へと招待した。お酒を飲みながら、お互い再婚した事など話していると、由紀恵と生活していた幸せだった頃を思い出した。どうして別れたんだろうと思いながら由紀恵を見つめていると、体の相性も良く、何度も互いに求めあったあの頃の事が思い出され、不意に由紀恵を抱きしめてしまっていた…。