キーワード
1から12 を表示中 (合計: 15件)
KUNOICHI -忍- 四 隠密忍者 疾風

KUNOICHI -忍- 四 隠密忍者 疾風

時は江戸末期・幕府から密命をうけ悪を斬るくの一・隠密忍者疾風が、日本を転覆させようと企む悪の忍者集団と戦う物語。疾風は密命をうけ邪凶坊主獄煉坊の抹殺にむかう。真夜中の街道で疾風は刀を抜き獄煉坊に天誅をくだそうとするが、獄煉坊は怪しげな術を使い疾風を逆に追い詰めるのであった。股間雷落としの技で悶絶し失神してしまう疾風、その隙に獄煉坊に褌をめくられ性器を見られてしまう疾風…恥じらいを怒りに変え獄煉坊を仕留める疾風だったが、肉体にダメージを受けたばかりの時に残忍なくの一ハンター骸に狙われる。マントを剥され着物を斬られながら、窮地を逃げ切る疾風だったが、日が昇っても骸の追跡は終わらなかった…戦いに敗れた疾風は、街道で野外陥落されてしまう。女に餓えた下人達にも中出しされてしまい疾風は秘密を吐いてしまい、切腹の命をうけるが、彼女にはもうくの一としての気概は消えていた。疾風は裏切り者として野晒しにされるのだった。[BAD END]

フレイム仮面&まぼろしリボン

フレイム仮面&まぼろしリボン

進学校クリムゾン学園では学園長の容赦なく厳しい教育指導方針で、生徒達は阿鼻叫喚の毎日を送っていた。しかし、その行き過ぎた異常とも言える体罰に立ち向かう正義の救世主がいた。顔は隠して体隠さず、正義の女戦士フレイム仮面である。学園長と仕置き教師はその謎の女戦士に手を焼いていた。そんなフレイム仮面に憧れる少女がいた。クラス委員を務める沢井愛子だ。彼女は自分のクラスメイトを仕置きから救おうとし自分がキツイ仕置きを受けるはめになり、電気ショックで白目失神し、事もあろうか学園長に特別性教育実技を受けそうになったところをフレイム仮面に救われる。感銘を受けた愛子は、自らを裸のヒロイン・まぼろしリボンと名乗り正義の為に戦うが、学園長の罠にかかり捕まってしまう。学園長にいたぶられるまぼろしリボン。そこへフレイム仮面が助けに来る。しかし学園長はまぼろしリボン・沢井愛子のバージンを男根ディルドで貫くと脅し、フレイム仮面の捕獲に成功する。フレイム仮面は学園長に嬲られ陥落され中出しされマスクを剥がされる。愛子ことまぼろしリボンはそんなフレイム仮面の姿に堪えられず、自ら切腹でもするかのように男根ディルドで自分の処女を貫くのだった。処女喪失の激痛がまぼろしリボンの肉体に走る…。万事休すのこの状況で、フレイム仮面の怒りは頂点に達するのだった。[HAPPY END]

最後の緊縛美研究会

最後の緊縛美研究会

美貌の「沢戸冬木」への、緊美研最後の縄です。厳しい後ろ手直進縛りから乳房棒なぶり。ほっそりした冬木の肉体に巻きつく縄。ウエストをぎりぎりと引き絞ると、たまらずに呻き声をもらす冬木の悩ましさ。格子に固定され、両腕を頭上に縛り上げられ、ショーツをおろしての目もくらむような股縄。辱めを受けた冬木は、濡木痴夢男に切腹を命じられます。摸造刀を握り、腹部に押し付けて引く冬木は、次第に夢中になり、自ら股縄を解いていきます。放心状態の冬木に、またも襲い掛かる濡木の縄。後ろ手乳房縦割り縛りからロウソク責めへとつづく、これは濡木痴夢男と沢戸冬木の、魂の交歓の記録です。

悲願

悲願

長いあいだ憧れつづけてきた濡木恥夢男の縄が、いま、ついに自分の肉体に触れてくる。ああ、この感触、この甘い切迫感、痺れるような疼痛感。沢戸冬木(さわとふゆき)は感動し、呻き泣く。ここに登場する女性は、緊縛行為に慣れ切ったモデルではない。それゆえに濡木の縄に反応する肉体は鋭く新鮮に、そして激しい痙攣を見せる。絶好の獲物を手中にした濡木の執拗な縄、縄、縄が、繰り返して女の肉体を襲う。異様なまでに変化させる乳首責めの残忍さ。羞恥と屈辱にのたうち、刃物がほしいと哀願する女に奇怪な棒を握らせ、切腹の擬態を要求する濡木の興奮。これはホンモノの縄・緊縛愛好家だけにしか見せたくない濡木の極秘コレクションである。

超超巨乳責め・亜紀肉虐縛り

超超巨乳責め・亜紀肉虐縛り

黒いスーツ姿の近江亜紀を、いきなり後ろ手に縛って柱に縛りつけるシーンから始まります。白布と豆絞りの手拭いの二重猿轡。スーツの襟をひろげて、超・超巨乳をつかみだします。巨大な肉魂をさらに縄でむごたらしく膨満させるのです。擬刀を使って肥満体を突きなぶり刺激し、それに鋭敏に反応して泣き叫び、被虐の陶酔にのめりこんでいく亜紀の凄さ。床に転がし、スーツの裾をまくりあげ、両足を縛っての責めに移ります。凄惨なムチ打ち。さらに縄尻を天井につなげての非情な立縛り。超・超巨乳になおも縄が掛けられ、すさまじい球体状縛りが展開していくのです。むきだされた豊満臀部へのムチ打ち。さまざまの屈辱と凌辱をうけた亜紀は、最後に短刀で切腹して果てます。腹からあふれ出る鮮血のおどろおどろしさ。さらけだした豊満な裸身を血まみれにしてのたうちまわる迫力に充ちた近江亜紀の神技に、拍手をお送りください。ますます魅力を増し、被虐に反応する近江亜紀の肥満エロチシズムは、まさしく異常美世界の一つの極致です。

緊縛浪漫03 花・鼻・腹を責める・緊縛回り舞台

緊縛浪漫03 花・鼻・腹を責める・緊縛回り舞台

悩ましいショーツ1枚だけになった、若さが花のように匂う淀香名の裸身を後ろ手に縛りあげます。清楚に可憐に盛り上がった乳房の愛らしさ。ウエスト縛りから股縄。ショーツを下ろしての尻肉露出。太腿から両足縛りの悩殺的なフェチシーン。宙吊りにして、さらに逆さ吊りと展開させます。床に下ろして寝ポーズのエロチックな姿体は、よだれが出そうになります。つづいてスリップ1枚にした人妻・田原敏子を後ろ手に縛りあげ、鼻フックによる強烈鼻孔責めに移ります。屈辱と羞恥に呻き泣く人妻の裸身は、被虐エロチシズムそのものです。立ち縛りにして尻にむちをあてると泣きだし、苦痛と快楽に全身をけいれんさせるのです。つぎは、若い西尾ゆきほに看護婦の白衣を着せ、偏執的な顔面なぶりを延々とつづけます。枷具で唇の左右を引きのばし、鼻孔をひろげて吊り上げ、ゆきほを屈辱のどん底に突き落とします。縛られ、陵辱された果てに、ゆきほは短刀を握り切腹して果てることになります。浴室で腹を切り血まみれになるゆきほは、涙がでそうになるくらいに可憐です。

腹切り2

腹切り2

この物語は、数年前都内某所で二人の女子校生が切腹自殺をしたショッキングな事件を、ドラマ化したものである。同姓しか愛する事の出来ない少女、ゆい。性に目覚め、ちょっとした好奇心だけでゆいとレズ関係になった、さやか…。さやかにとっては、ほんの悪戯のつもりだった。だが、ゆいにとっては自分の心を理解してくれる、深い関係に結ばれると信じていた。だが、さやかにはボーイフレンドができ、ゆいとの関係が重苦しくなるのであった。ゆいはそれに気付き、激しく嫉妬するのであった。そしてゆいは、さやかを監禁し目の前で切腹する。ゆいは、自分の腹を切り裂き、流れる血の海の中でさやかに自分の怨念とも言うべき気持ちを伝えようとする。ゆいを襲う激痛はやがて恍惚感に変わる。心を許した者の前でゆいは朽ち果てる…。性に目覚めたばかりのさやかは、その様子をみて、切腹自殺を究極の快楽と思い始めるのであった。そしてさやかは、ゆいの腹から刃を抜き、自分の腹に突き刺す…。真っ赤な血の海の中でのた打ち回る若い二つの女体、欲望に女の憎しみは死線をこえる。

人妻呪縛地獄絵図 第一章

人妻呪縛地獄絵図 第一章

一人寂しく夫を待つ妻。その前に現れたのは愛する夫ではなく、女を手篭めにしようとする鬼神であった。女の抵抗虚しく捕らわれ緊縛・鞭打ち・首吊りと非道を尽くされ方針する妻。切腹女優・早乙女宏美が異邦人ながら緊縛の境地を極めた長田スティーブの調教に挑む!!

女腹切り作品集7 冷たい夜

女腹切り作品集7 冷たい夜

突き詰めた切腹の美学に驚愕!腹を裂いての流血や内臓シーンを求めるのではなく、悲槍美を求め滅びの美学を追求した映像は深みがあり、見る者を美しき切腹の世界に引き込みます。

女腹切り作品集6 魅惑の白刃

女腹切り作品集6 魅惑の白刃

腹切愛好家から寄せられたシナリオより製作された、愛好家のための腹切り映像。博物館に展示された戦国時代の刀に魅入られ、切腹願望を募らせる女性。模造刀は、いつしか本物の刃となり、柔らかな腹を深々とえぐり、恍惚の彼岸へと彼女を連れ去る。

女腹切り作品集2 白装束・腹切り

女腹切り作品集2 白装束・腹切り

白装束に身を包み、裸足の女が山の上の神社の階段を一歩一歩のぼっていく。決意を秘めて拝殿にぬかずく女の顔に、妖しくよぎる死への愉悦。やがて女は一室に閉じこもり、白衣の前を静かにひろげ、妖しく撫でていると再び浮かぶ快楽への微笑。短刀の鞘が払われ、ぬめやかに光る官能の下腹にぐさりと突き立てられる白刃。肌を切り裂く苦痛と、願望を遂げた快楽の声をあげて悶える女の全身は壮絶な色香にあふれ、鮮血にまみれます。切腹する女の心理の奥底を、映像だけで表現した快心の作。

Mの極 呪殺人妻切腹記

Mの極 呪殺人妻切腹記

我が腹より流れし血を捧げ、この呪殺を成就せしむ。切腹女優・早乙女宏美が浅葱アゲハと共に、長田スティーブの調教に挑む!もはや芸術的とも言える、凄惨で淫靡な縄責め・蝋燭責めの数々を受けM嬢2人の悲痛な声が響き渡る…凌辱、調教、そして切腹!その光景たるや、まさしく強烈の一言に尽きる!

1から12 を表示中 (合計: 15件)