キーワード
1から4 を表示中 (合計: 4件)
女塾 絶叫アクメ 悶え狂い 卯月妙子 南智子 飛室璃杏

女塾 絶叫アクメ 悶え狂い 卯月妙子 南智子 飛室璃杏

オンナの悦びをカラダに叩き込む女塾シリーズが2本立てで復活!!麻縄緊縛、バラムチ、ロウソク、ペニバン調教当り前。性感言葉責め、快楽マッサージ、真性レズプレイ…。凄腕講師陣の驚愕テクが乱れ飛ぶ!!男達を嫉妬させる悶絶アクメの連続また連続!!

憎いほど男殺し[外人男編]

憎いほど男殺し[外人男編]

《女性主導》の経験のない外人男性たちを骨の髄まで蕩かしていく…。言葉責めの教祖・南智子さんと、グラマラス爆弾・林不二子さんの《男殺しプロフェッショナル》が、今回は自分たちより身体が大きい外人男性たちを玩具のように弄んでいきます。外人男性たちは今まで女性主導の経験がない(それどころか風俗などの受身の経験もない)白人・黒人、計5人。もちろんアナルを責められた経験など皆無です。中には日本語が若干理解でき喋れる人もいますが、大半が日本語がわからない…といった状況で、言葉責めを得意とする南智子さんがどういった責め方でメロメロにしていくか注目です。もちろん南さんの神業的なアナル責めや絡みつくような手コキも圧巻です。英語が堪能な林不二子さんは得意のボディトークと肉感的な口唇から蠢く長い舌で乳首を舐め上げたりしながら《しなやか》かつ《パワフル》な手コキで(ただでさえデカイ)外人男性のチンポをより膨張させ暴発させていきます。2人に責められながら初めて言わされた日本語が『ちんぽ』の屈強なマッチョな黒人青年、たどたどしい日本語で『ガマン、デッキナイヨッ!』と叫びながら辛抱たまらず凄い勢いでザーメンを飛ばす白人青年、あっというまに秒殺され(しかも3回もイッてしまった)白人男性…などなど、あらためてお二人の力量を見せつけられた思いです。受身になれていない(…というより初めて)ので、圧倒されっぱなしで(声を出しての)反応は日本男性に比べ静かですが、その分、お二人のプレイに集中できることと思います。

寸止め生殺し2

寸止め生殺し2

部屋に入っていくとそこには女社長と秘書が待ち構えていた。若い男の緊張を解きほぐすように優しい言葉を投げかけるセクシーな女二人。だが言葉とは裏腹に指が、手が、足が男の体をまさぐり始める。香水の甘い香り。半裸にされ、後ろから、下から、様々なテクニックで二人に弄ばれる男。目隠しをされ、より一層敏感になった男はソファーの上でも恥ずかしい格好で責めたてられる。興奮し、快感に何度も絶頂寸前まで達するが、その度に責めは中断。いい加減焦らすのも限界と見た女性たちは男を別の部屋に…。体にフィットしたコスチュームに着替えた女性たちは鏡を使って責めを再開。更にベッドの上で四つん這い、サンドイッチ、顔面騎乗、尻摺り、足コキ、チングリ返し等で、強烈な快楽責めが続く。大量の我慢汁を垂れ流し、悶絶し、のたうちまわる男を嬉々として寸止め地獄に陥れる女性たち。かれこれ50回位寸止めされ、もはや考える事も喋る事さえも出来なくなってしまう。それでもいやらしい言葉責めが途切れる事無く部屋に響く。永遠に…。「ほら、もうこんなに感じちゃってるのね」卑猥語連発の「南智子」さん。絶品の手コキとフェラ「愛田るか」さん。やっている事はキツイことですが、それとは裏腹に女性たちの口調はあくまで優しいのです。

憎いほど男殺し7

憎いほど男殺し7

尻コキ・手コキ・騎乗位・淫語。あなたたちは私達を楽しませるオモチャなのよ。大好評シリーズの第7弾は、風俗界のカリスマ・言葉責めの教祖…など与えられた称号は数知れず、「男殺し」という言葉は彼女の為にある…とまで言わしめる女王・南智子さん。そしてスレンダーなボディに愛くるしいマスク…に反した激しい腰使いやバキュームフェラで男性を腰抜けにする麗獣・坂口華奈さん。この強力タッグで5人の素人男性達をオモチャのように弄んで犯していきます。

1から4 を表示中 (合計: 4件)