キーワード
1から12 を表示中 (合計: 19件)
女腹切り作品集7 佐保子の夏~愛の骸~

女腹切り作品集7 佐保子の夏~愛の骸~

まさか、自分の人生がこんな終わり方をするなんて、想像もしていませんでした…。苦悩と傷跡のたくさん詰まった私の体を切り裂いて、生暖かい血のぬくもりを抱きしめて、訊ねてみたい。この五体に、この臓腑に。さようなら、愛する人たち。 ※本編中、音声が収録されていない箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものであり、異常ではありません。

腹切り3

腹切り3

ある町で腹を裂かれるという手口の猟奇殺人事件が発生する。しかし、死体の傍らに置かれてあったDVRには、自ら自分の腹を切り裂く被害者の映像が映し出されていた。殺人課の島崎理緒は、捜査を進める内に謎の邪教集団爽心会の存在を突き止めるが、何者かに拉致監禁され窓一つない部屋に閉じ込められ、正体不明の犯人に腹切りを強要されるはめに。果たして犯人の目的は何なのか。

腹切り2

腹切り2

この物語は、数年前都内某所で二人の女子校生が切腹自殺をしたショッキングな事件を、ドラマ化したものである。同姓しか愛する事の出来ない少女、ゆい。性に目覚め、ちょっとした好奇心だけでゆいとレズ関係になった、さやか…。さやかにとっては、ほんの悪戯のつもりだった。だが、ゆいにとっては自分の心を理解してくれる、深い関係に結ばれると信じていた。だが、さやかにはボーイフレンドができ、ゆいとの関係が重苦しくなるのであった。ゆいはそれに気付き、激しく嫉妬するのであった。そしてゆいは、さやかを監禁し目の前で切腹する。ゆいは、自分の腹を切り裂き、流れる血の海の中でさやかに自分の怨念とも言うべき気持ちを伝えようとする。ゆいを襲う激痛はやがて恍惚感に変わる。心を許した者の前でゆいは朽ち果てる…。性に目覚めたばかりのさやかは、その様子をみて、切腹自殺を究極の快楽と思い始めるのであった。そしてさやかは、ゆいの腹から刃を抜き、自分の腹に突き刺す…。真っ赤な血の海の中でのた打ち回る若い二つの女体、欲望に女の憎しみは死線をこえる。

腹切り1

腹切り1

終戦…。数年間離れた故郷へ帰還した軍人は妻の不貞を目の当たりにし、怒りのあまり間男を短刀で刺し殺した。軍人は短刀に呪いをかけ、自らもが割腹自殺をはかる…。時は流れて現代。短刀は人々の手を渡り歩き、とある男の手へ。人々の心を覗き込み、本当に必要なものを与える事を生業とした男は、二人の女に呪いの短刀を手渡した。親や学校にも見放され、目的もなく生きている女子校生・うらら。堕胎により心の傷を負った心理カウンセラー・みゆり。悲しみを背負った二人は、怪しい光を放つ妖刀に魅せられ美しく命の華を散らせる…。

女腹切り作品集8 乃璃子さまの肖像画

女腹切り作品集8 乃璃子さまの肖像画

美しく気高く、最高の貴婦人といわれた乃璃子さまの運命を狂わせたのはたった一枚の絵でした。それは、乃璃子さまと乙橘画伯の愛といのちの象徴でした。自らお腹を切り裂き、たくさんの血を流し、内臓を露出させ息絶える、その最期はあまりにも凄絶で哀しく、そして美しいものでした。

女腹切り作品集7 冷たい夜

女腹切り作品集7 冷たい夜

突き詰めた切腹の美学に驚愕!腹を裂いての流血や内臓シーンを求めるのではなく、悲槍美を求め滅びの美学を追求した映像は深みがあり、見る者を美しき切腹の世界に引き込みます。

女腹切り作品集5 生贄

女腹切り作品集5 生贄

神道。それは絶対的な存在に忠誠を誓う厳格なもの。神に恋をした生贄の女。生命を賭け、自らを愛に捧げる純真な生贄。愛とは奪いつくすものなのか。幻想的な映像でつづる哀しくも壮大な物語です。

女腹切り作品集5 夢魔の誘惑

女腹切り作品集5 夢魔の誘惑

祖先から伝わる葛篭の中にあった一振りの短刀。それと対面した時から、女には異変が起きた。その短刀にまつわる哀しい物語が鮮明に脳裏に甦ってくるのだ。女は短刀に同情し、心を奪われていく。そしてかつてその短刀を持った数々の人たちと同様に我を忘れて自らの白い下腹部に切っ先をゆっくりと近づけていく。死にとりつかれたような女の表情は、見るものをぞっとさせる迫力があります。

女腹切り作品集6 魅惑の白刃

女腹切り作品集6 魅惑の白刃

腹切愛好家から寄せられたシナリオより製作された、愛好家のための腹切り映像。博物館に展示された戦国時代の刀に魅入られ、切腹願望を募らせる女性。模造刀は、いつしか本物の刃となり、柔らかな腹を深々とえぐり、恍惚の彼岸へと彼女を連れ去る。

女腹切り作品集6 珠姫草子

女腹切り作品集6 珠姫草子

生きる事の意味も、愛を求める心も知らず、ただ自分を痛めつける事に執着する女、珠姫草子…。虐待られたい。何のために?そうしなければ、私は私でいられないから…。赤い血が肌を伝う時だけ生きている事を実感できる彼女の選んだ行為は、自分の腹を切り裂いてその温かさを知る事だった…。

女腹切り作品集4 愛子・桜散る

女腹切り作品集4 愛子・桜散る

戦火の中で実らぬ恋を燃え上がらせた愛子。厳格な父の元、愛子が選ぶべき道は死しかなかった。時代の波に飲み込まれるかのように、桜の花びらが風に舞うようにはかなく散っていく愛子の命。時代に追い詰められ死を自ら選んだ愛子の凄絶な姿。

女腹切り作品集2 白装束・腹切り

女腹切り作品集2 白装束・腹切り

白装束に身を包み、裸足の女が山の上の神社の階段を一歩一歩のぼっていく。決意を秘めて拝殿にぬかずく女の顔に、妖しくよぎる死への愉悦。やがて女は一室に閉じこもり、白衣の前を静かにひろげ、妖しく撫でていると再び浮かぶ快楽への微笑。短刀の鞘が払われ、ぬめやかに光る官能の下腹にぐさりと突き立てられる白刃。肌を切り裂く苦痛と、願望を遂げた快楽の声をあげて悶える女の全身は壮絶な色香にあふれ、鮮血にまみれます。切腹する女の心理の奥底を、映像だけで表現した快心の作。

1から12 を表示中 (合計: 19件)