キーワード
盗撮~ SEX依存症リハビリ施設

盗撮~ SEX依存症リハビリ施設

当事者と支援者が行為を求め共依存に陥る事は少なくない。性欲、支配欲、金銭欲、全てを満たす依存症ビジネスを垣間みる。ちなみに施設スタッフの多くは元依存者である。【性依存症】主に性行為への依存が多いため、セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。この問題はデリケートな性質があるため、当人が「自分に問題がある」とわかっていながらも治療に結びついていないのが現状である。アルコール依存症やギャンブル依存症などが、疾病及び関連保健問題の国際統計分類でICD10コードが振られ、正式に精神疾患として認定されているのに対し、性依存症は長らく病気としては公認されていなかった。WHOのICD-11ではセックス依存症を強迫的性行動症という精神疾患であると認定。診断基準6項目【1】強烈かつ反復的な性的衝動または渇望の抑制の失敗【2】反復的な性行動が生活の中心となり、他の関心、活動、責任がおろそかになる【3】性行動の反復を減らす努力がたびたび失敗に終わっている【4】望ましくない結果が生じているにもかかわらず、また満足が得られていないにもかかわらず、性行動を継続している【5】この状態が、少なくとも6カ月以上の期間にわたって継続している【6】重大な苦悩、および個人、家族、社会、教育、職業、および他の重要な領域での機能に重大な問題が生じている。