1から3 を表示中 (合計: 3件)
ハングドランカー3 三原ほのか

ハングドランカー3 三原ほのか

三原ほのかが味わうのは、自由を奪われ宙に浮く不安と高揚感。全ての抵抗を奪われ、男たちの欲望をひたすら受け入れ続ける。紫色に変色していく腕、床を濡らす大量の潮。朦朧とする意識の中、敏感に反応する身体がくねくねと暴れイキまくる。可憐な表情が、涎を垂らし快楽をねだる妖艶な女に変わって行く様は興奮です。

ハングドランカー2 神納花

ハングドランカー2 神納花

120分間1度も地に足を着けることなく自由を奪われた神納花。彼女に許されたのは次々に襲い来る快感を受け続ける事だけ。麻縄が容赦なく食い込み紫色に変色していく腕。M字開脚吊り、開脚逆さ吊り、シャチホコ吊り、背面吊り、そして日本の拷問史に今も名を残す最も過酷な吊り、駿河問い!

ハングドランカー 月島ななこ

ハングドランカー 月島ななこ

「ハングドランカー」とは、吊られる事によって沸き起こる陶酔感「吊り酔い」を意味する造語である。地に足を着ける事を許されず、宙に浮き自由にならない身体を男たちによって犯され続ける月島ななこ。完全に自由を奪われ、縄が体に食い込み苦痛が身体を襲う中、ななこが見せる官能の表情は絶世の美だといえる。

1から3 を表示中 (合計: 3件)