1から12 を表示中 (合計: 19件)
近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 波多野結衣

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 波多野結衣

三日坊主の義母・結衣がエクササイズにハマりだした。たるんだ腹回りを引き締めるためだと言うが…どうせまたすぐ飽きるだろとトシヤは予想していた。だが茶化し半分で様子を見にいくと、そこには汗ばんだ体が妙にいやらしい結衣の姿があった。あろうことか、その汗だく姿にトシヤは欲情してしまう。うなじや胸の谷間を伝う汗…。興奮が抑えられなくなったトシヤは思わず股間に手を伸ばしてしまい…。

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 平清香

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 平清香

テレビに感化されて息子に格闘技を教えて貰うことになった母・清香。息子はそんな母を心配して、きつい寝技をかけて格闘技への興味を削ごうと画策する。息子の思惑通り、母のやる気を失くすことに成功したが密着した母の汗だく姿に思いがけず理性を揺さぶられる事態に。何とか離れようとするが思わぬアクシデントにより、母が息子に覆いかぶさってしまう。母が離れた時には既に遅く息子の我慢は限界に達していた…。

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 きみと歩実

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 きみと歩実

母の歩実がバランスボールを使って体操している場面に出くわした瞬間、たつやは息を呑んだ。ボールの丸みに沿って湾曲した無防備な体。そこから滲みだして柔肌を伝う一筋の汗。母の艶めく体液が放つ妖艶な色香はあまりにもいやらしく、たつやの理性を激しく揺さぶった。こんなこと許されない…。たつやは平静を装い必死に自分を制御しようとする。だが歩実は我が子がそんな感情を抱いているとは夢にも思わず体操のアシストを頼み…。

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 紺野ひかる

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 紺野ひかる

母のひかるがマラソンをはじめたことで、ジュンはひた隠しにしてきた感情を制御できなくなっていた。目の前でストレッチや筋トレに励むひかるの姿はあまりにもエロく官能的でジュンの心を掻き乱した。母親に欲情するなんて許されない…が感情は止められない。肌を艶やかに彩る一筋の汗、その肌に張り付く髪、ほのかに香ってくる雌の香り。ひかるの汗が含有するフェロモンを浴びた時、ジュンの理性が音を立てて崩壊していった…。

近親相汗 塚田詩織

近親相汗 塚田詩織

寝苦しい熱帯夜。あまりの暑さで夜中に目が覚めてしまった詩織は隣で爆睡してる夫に呆れながら台所に向かうと、コップ一杯の水を飲み干した。小さな口からこぼれた水は火照った全身を冷ますかのように喉元から乳房へと伝い落ち、スリップ一枚の豊満なボディラインをくっきりと浮かび上がらせていく。詩織はこの辛くて長い夜をやり過ごすために朦朧としながら自慰に耽ることに。するとそこへトイレに起きてきた息子の洋介が現れて…。

近親相汗 藤澤美織

近親相汗 藤澤美織

毎日汗しながら家事にいそしむ母の姿が妙に艶かしく、年頃の息子はその汗ばんだ体をに説明のつかない劣情をもよおすようになっていた。いけないと思いながらも毎晩のように母とのSEXを妄想し自慰行為に耽る息子だったが、ついに欲望は爆発し親子の禁忌を破ってしまう。まさかの出来事に驚き狼狽する母だったが、そんな母もまた可愛い息子からの激しい求愛にやがて母性本能が目覚めはじめる…。

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 風間ゆみ

近親相汗 「火照る肉体、蒸れた子宮、ガマンできない親子の本能」 風間ゆみ

灼熱の外とそう大差ない家の状況にげんなりしたはるお。母・ゆみに文句を言う為にリビングに入ると、彼女は蒸れた股間に扇風機の風を当てて眠っている。そのあまりのエロさに、はるおはゆみを犯す妄想に取り付かれた。目を覚ました彼女の姿を見て必死に先ほどの妄想をかき消すものの壊れたエアコンの調子を見たいというゆみの為に土台を支えることになってしまう。ゆみの卑猥な香りを放つ股間を前にはるおのアソコは暴発寸前で…。

近親相汗 水野朝陽

近親相汗 水野朝陽

息子が学校から帰宅すると、そこには無防備な姿で眠る母・朝陽の姿があった。パンツ丸出しでだらしなく眠る母。年頃の息子としては嫌悪感を抱いてもおかしくない光景だが、人妻とは思えない均整のとれた肢体から見えるパンツは艶かしく、体を伝わる汗は息子を狂わせるに充分すぎるほど魅惑的だった。まさか我が子の劣情を刺激するとは夢にも思わず無防備な姿を晒して眠る母の姿に、息子の理性は決壊。野獣と化して襲いかかる。

近親相汗 三原ほのか

近親相汗 三原ほのか

夫の単身赴任で寂しい思いをしていたとしても、夫の連れ子の太一君だけには心配をかけたくなかったんです。義母の私を気遣ってくれる優しい子だったので…でもそう思っていたのは私だけでした。あの日はとても暑い日でした。居眠りしてしまったようで、ふとカラダに妙な感覚があり目を覚ましました。なんとそこには汗まみれの私の胸を一心に舐めまわす太一君がいたんです。久々の甘い刺激に耐え切れなかった私は…。

近親相汗 日向あいり

近親相汗 日向あいり

エアコンが壊れた蒸し暑い部屋。帰宅したはるおは、あられもない姿で眠る母、あいりの姿を目撃する。豊満な体を伝わる汗。そのあまりにも淫靡な香りは若いはるおを狂わせるに充分な破壊力を持っていた。はるおは激情のままあいりを襲ってしまう。突如、野獣と化した息子にあいりは戸惑うが元来スケベで感じやすい体質のあいりもまた硬く怒張した息子のチンポの勢いに抗えず…。そして二人は汁まみれの情事に溺れていく。

近親相汗 江上しほ

近親相汗 江上しほ

ダイスケは義母のしほが汗だくで家事をこなす姿を目にした時、その豊満な肉体から流れだす汗のあまりの艶かしさに目を奪われてしまう。それ以来、ダイスケは気持ちを抑え、しほに対して抱いてしまった劣情をひた隠しにしてきた。ところがある日、ダイスケはしほの浮気現場を目撃してしまう。父を裏切ったことに対する怒りが起爆剤となり、ついにダイスケが抑えてきた劣情は爆発。獣のごとくしほに襲いかかる…。

近親相汗 成澤ひなみ

近親相汗 成澤ひなみ

夫が単身赴任になり、ひなみは寂しさに耐え切れずに浮気を繰り返す生活をしていた。だがある日、浮気相手とのテレフォンセックスを義理の息子のユウイチに見られてしまう。豊満な肉体からしたたる汗、流れだすヨダレそして股間からとめどなく溢れる淫汁…。義母が見せたあまりにも淫靡な光景に、ユウイチは怒りよりも欲情を抱いてしまう。そしてユウイチはひなみに思わぬ提案をする。「父さんの代わりに僕が相手をしてあげるよ」

1から12 を表示中 (合計: 19件)