1から12 を表示中 (合計: 55件)
父が出かけて2秒でセックスする母と息子 相馬茜

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 相馬茜

倦怠期を迎えた夫とのセックスレスが原因で息子と関係を持ってしまった茜。はじめは一夜の過ちのはずだった。それが今では相性抜群すぎる息子とのセックスが忘れられずに、夫が出かけるのを今か今かと待ち望むようになっていた。(早くカチカチの肉棒で貫かれたいの。あなたお願い…仕事に行って…)今日もまた玄関が閉まった途端、息子の口唇を奪い激しく交わっていく。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 瀬崎彩音

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 瀬崎彩音

年上の夫の精力が衰えて早数年。満足な夫婦生活を営めないストレスは彩音をむしばんでいた。(誰でもいいから今すぐチンポが欲しいっ!)欲求不満が限界に達したそのとき…目の前に飛び込んできた息子のイチモツ。いけないと思いつつも久しぶりに味わう肉棒の快感から抜け出せなくなっていた。「いってらっしゃいあなた…」今日もまた夫を送りだすこの言葉が禁断セックスの合図になる…。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 碓氷れん

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 碓氷れん

夫がリモートワークになり今まで以上に家族団らんの時間が増えた蓮。息子と関係を持っていた蓮にとっては青天霹靂だった。あの手この手で夫を出掛けさせようとするが、生真面目な夫はリモートワーク中に休憩も取らない。これではいつ息子とセックスができるというのか。早く熱い肉棒が欲しくて淫らな身体が疼いて堪らない。蓮の我慢が限界に達したそのとき、ようやく夫が仕事のトラブルで出かけることになり…。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 月島さくら

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 月島さくら

こんなはずじゃなかった。桜が息子の翔太と関係を持ったのはただの暇つぶし。一時の気の迷い。それだけのはずだった。しかし身体は乾いたスポンジが水を吸収するように翔太から与えられる快楽を覚え込んでいった。もう夫との行為じゃ満足できない。翔太とのセックスじゃないと…。後戻りできないことを自覚した桜は禁断の母子性交に溺れていく。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 中野七緒

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 中野七緒

身体の相性が抜群だったから…。つい出来心で息子と肉体関係を持ってしまった七緒。最初は夫の代わり。ただの代償行為で身体だけの関係だった。それが今では息子に溺れている自分がいる。息子の剛直に貫かれるのを想像しては下着に愛液の染みを作る毎日。あぁ…早く息子とセックスがしたい。爛れた欲望を隠して七緒は今日も夫に笑顔で鞄を渡す。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 羽咲美亜

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 羽咲美亜

夫は私の身体に興味がない。結婚してからというもの、いまだに一回も抱かれていないことに美亜の不満は高まっていた。そんなときに、目についた息子の肉棒。はじめはただ、息子を夫の代わりにしていただけだったのだが…本当は許されない関係、そう思えば思うほど美亜は息子とのセックスに急激にのめり込んでいった。今日もまた夫を見送った次の瞬間、美亜は息子と熱いキスを交わし…。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 東凛

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 東凛

母親として自分は失格だ。後妻として東家に入った凛は義理の息子と肉体関係を結んでしまい、夫に対して常に罪悪感を抱えていた。親子関係をやり直そうと、義息と距離を置こうとするも性交の快楽を覚えた義息の勢いは止まらない。「義母さん、いいでしょ?」「嫌よ、もうやめて…」凛も口では抵抗するが、身体はすでに義息なしでは生きられなくなっていた…。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 夕季ちとせ

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 夕季ちとせ

夫のことはもちろん愛している。だが、真面目な夫のセックスは優しすぎた。もっと激しいセックスがしたい。燃え上がるような情熱的で何もかも考えられなくなるような…。そんな千歳の欲求不満の矛先になったのは息子だった。夫が出かけるたびに息子の太くて硬いイチモツで絶頂を繰り返しセックスにのめり込んでいく千歳。いつしか夫が仕事に行くのを心待ちにするようになり…。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 清宮飛鳥

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 清宮飛鳥

仕事人間の夫に構ってもらえない飛鳥は淋しさに耐えかねて義息と男女の関係になってしまった。許されることではないのは、わかっている。それでも…飛鳥の身体は触られただけで濡れるまでに義息を求めていた。早く2人きりになって思う存分セックスがしたい。いつしか飛鳥は夫に早く出かけて欲しいと願うようになり…。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 加藤あやの

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 加藤あやの

良妻賢母と近所で評判な綾乃は、一人息子と男女の関係に陥っていた。最初はただ構ってくれない夫への当てつけのつもりだった。だが、今はもう夫よりも息子を愛してしまっている。早く息子と二人きりになってセックスがしたい。そんな本心をひた隠しにして、綾乃は今日も玄関で夫を見送る…。「いってらっしゃい、あなた」(お願い…今日も遅く帰ってきてね…)

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 如月夏希

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 如月夏希

「もうこんなこと止めましょう…」夏希は一時の気の迷いで持ってしまった息子との肉体関係を清算しようとしていた。しかし、思春期に入ったばかりの息子は、セックスを止めるどころか興味津々。もっと気持ちよくなりたい、もっとしたい!と貪欲なまでに夏希を求めてくる。そんな息子に困り果てながらも夏希は息子との中出しセックスに溺れる毎日を送っていた。今日もまた夫が出かけた瞬間、二人は抱き合い熱いキスを交わしていく…。

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 北川舞

父が出かけて2秒でセックスする母と息子 北川舞

夫の目を盗むように、母の舞と息子の達也は男女の関係を持っていた。夫が仕事ばかりで構ってくれないのが悪い。舞はそう自分に言い訳をして罪悪感から逃れようとしていた。しかし、日に日に夫への負い目は増していき、耐えられなくなった舞は息子との関係を断とうとするのだが…。舞の肉体にのめりこみ、セックス中毒者と化した息子は止まらない。舞も言葉では拒絶しても、身体は息子を求めていて…。

1から12 を表示中 (合計: 55件)