1から12 を表示中 (合計: 167件)
母子交尾 【南会津高原路】 晶エリー

母子交尾 【南会津高原路】 晶エリー

エリーは7年前に離婚し、息子の親権を夫にとられて、二人は年に一度だけ会うことが許された。それから7年が経ち、別れた夫が再婚し、息子にも義理の母が出来た。エリーは義理の母に息子が寝取られるのではないかと気が気ではなかった。やがて年に一度の再会の日がやって来た。義理の母が出来てから初めての再会の日にだが、エリーの焦りはピークに達していた。

母子交尾 【中三依路】 塚田詩織

母子交尾 【中三依路】 塚田詩織

夫が事故で亡くなり未亡人となった詩織は、夫の連れ後である息子と二人暮らしを送っている。血の繋がっていない二人は夫の生前から異性として認識し合っていたが、一線を越えることはなかった。しかし夫の死により二人を阻む壁はなくなり、二人はある決意をもって温泉旅行に行くのであった。

母子交尾 【弥太郎山路】 羽生アリサ

母子交尾 【弥太郎山路】 羽生アリサ

アリサは母子家庭ながらガムシャラに働き、息子を大学まで進学させ、立派な社会人に育てた。息子の方も今までのお礼にとアリサを温泉旅行に誘った。息子はこの温泉旅行にある決意を抱いていた。息子はいつしか母を異性として好きになっていたのだ。

母子交尾 【続・藪ノ湯路】 加藤ツバキ

母子交尾 【続・藪ノ湯路】 加藤ツバキ

ツバキは14年前に夫と離婚し、二人の子供たちは兄をツバキが、弟を夫が引き取った。やがて子供たちは成長し、上の子は就職して家を出て行き、入れ替わるように下の子がツバキの家にやって来た。厳しい父に育てられたからか、自立してツバキに甘える様子を見せない息子に、ちょっとでも愛情を感じてもらおうと連休を利用して温泉旅行に誘った。しかしその旅館はツバキにとって因縁の旅館だった….。 ※画像・音声に乱れがある場合がございますが、商品自体の不良ではございませんので、ご了承ください

母子交尾【東古屋湖路】 池谷佳純

母子交尾【東古屋湖路】 池谷佳純

10年前に夫と離婚した佳純は、女手一つで息子を育てた。必死に働き、育て、大学まで進めても学費のために一生懸命働いた。その甲斐あって息子は大手人材派遣会社に就職が内定した。これで子育ても一段落と思うと、心にぽっかりと穴が空いてしまったようだった。寂しい気持ちでいると息子に温泉旅行を誘われ、親子二人きりの卒業旅行へ出発するのだった。

母子交尾 【続・久慈川路】 並木塔子

母子交尾 【続・久慈川路】 並木塔子

塔子と悠岐は母子でありながらカラダの関係を持ってしまった。就職した悠岐は、やがて母の元を離れていったが、塔子の方は依然として悠岐を最愛の異性としてみていた。そんなある日、悠岐から突然「彼女が出来ました」と連絡が入り、塔子は激しく嫉妬する。そして「久しぶりに顔を見せなさい」と悠岐を温泉宿に呼び出すのだった。

母子交尾 【東会津路】 摩耶しぐれ

母子交尾 【東会津路】 摩耶しぐれ

10年前に夫と別れたしぐれは、一人息子の親権も夫に取られ長らく離れ離れで暮らしていた。しかし昨年その夫が事故で亡くなり、再び息子と暮らすことになった。離れている間はずっと息子の幸せを祈り続けていたしぐれ。もう二度と息子を失いたくない。しぐれの愛情はいつしか異質な愛へと変貌していた。一方で息子も母と離れている間に愛情を拗らせていった。異質な愛のまま二人は再会した。

母子交尾 【那須霜降高原路】 高倉梨奈

母子交尾 【那須霜降高原路】 高倉梨奈

高倉家は息子一人に両親という余裕はないながらも幸せな家庭だった。息子が大きくなるにつれて夫婦は徐々にセックスレスになって行った。しかし梨奈の性欲はたまる一方で毎晩オナニーで済ませていた。息子も大学生を卒業するころになったそんなある日夫の浮気が発覚し、夫婦仲は一気に冷え込む。梨奈の心の拠り所は息子だけだった。

母子交尾 【田島館平岳路】 山瀬美紀

母子交尾 【田島館平岳路】 山瀬美紀

美紀はシングルマザーとして政明を育てた。必死に働き育てた甲斐あってか、政明は無事に○校を卒業し、大工へと就職した。子育ても一段落し、達成感と虚無感を感じていると政明から温泉旅行の誘いがあった。もやもやした気持ちのまま美紀は旅支度をするのだった。※本編映像内に一部ブレなどが生じております。ご了承ください。 ※画像・音声に乱れがある場合がございますが、商品自体の不良ではございませんので、ご了承ください

母子交尾 【会津東山路】 成宮いろは

母子交尾 【会津東山路】 成宮いろは

母親であるいろはの愛情をタップリ受けて育った政明は、完全なマザコン息子で性欲もいろはにしかわいてこない。二人はすでに性的関係にあり、常日頃から秘かに性行為を行っている。体は政明を求めていても、いろは自身はイケないとの認識はありジレンマだった。この日の旅行も急遽二人で行くことになり、いろはは一抹の不安を覚えるのだった。

母子交尾 【那須蛇尾川路】 葵百合香

母子交尾 【那須蛇尾川路】 葵百合香

百合香が20歳の時に産まれたのが政明だった。父親は蒸発し、百合香は女手一人で政明を育てた。二人は歳が近いせいもあって仲が良く、一緒に買い物や旅行に行くので、周りからは友達同士のように見えた。いつものように楽しい旅行を期待している百合香とは裏腹に、政明はある告白を決意していた…。

母子交尾 【黒森路】 武藤あやか

母子交尾 【黒森路】 武藤あやか

政明が幼い頃に父を失って以来、あやかと政明はずっと二人で暮らしてきた。政明は自分を一心に愛してくれたあやかを、母として以上に愛するようになっていった。やがて大学を卒業した政明は、就職するが勤務地は関西だった。母と離れたくない政明にあやかから温泉旅行の誘いがかかった。政明はこの旅行で想いを告白することに決めた。

1から12 を表示中 (合計: 167件)