1から2 を表示中 (合計: 2件)
ポチャカワ巨乳娘 異物挿入浣腸に悶える

ポチャカワ巨乳娘 異物挿入浣腸に悶える

某所トランクルーム。ルームの角で全裸になるよう指示する。恥ずかしさから身体を小さくし脱ぎ始める。「これでいいですか?」消え入るような声でいう葵。小型バイブを挿入しスイッチを入れると恥ずかしさとバイブの快感で足をがくがくと震わせ始めた。立っていられないようだ。「浣腸する。後むきになりなさい」いちじく浣腸をすぼまったアナルにつきさしじっくりと注入していく。「お腹痛いです~!」注入後お腹を擦り必死に我慢する葵ではあったが限界はすぐに訪れた。しゃがみ込み恥ずかしい放屁の音をルーム内に響かせなから脱糞。尻を小刻みに震わせ、ウネウネと放り出しはじめた。一回目の浣腸排泄が終わりホテルに移動する。上半身を縛り再度浣腸する。お腹の中は先のほどの排泄で、ほとんどなにも残っていない。それで浣腸しても浣腸液しか出ないのでつまらない。玉コンニャクを空のアナルに挿入する。「入らない~!」必死の抵抗も無駄である。先ほどの浣腸ですっかり緩んでしまったアナルは次々と玉コンニャクを受け入れる。※この動画に登場する女性はAV女優ではなく浣腸調教を希望した素人女性であるため個人情報保護のため顔に修正を入れています。

ポチャカワ巨乳娘 頭かくして尻隠さず

ポチャカワ巨乳娘 頭かくして尻隠さず

いつもの待ち合わせ場所へいくと葵がきょろきょろと周りをみわたしている。近づいていくと私に気が付いたのか笑いながら歩み寄ってきた。見た目より幼く見える葵とその娘に近づいていく中年オヤジ。何やら危なげに見えなくもない。ホテルに移動する。部屋に入ると、上半身を縛り電マ責め開始。「いや~だ…いや~だ…」と言いながら電マから逃げようと身体をよじっていたが徐々に快感を訴えはじめ、ついには動くのをやめ電マの快感を貪りはじめた。縄をとき、拘束具で四つん這いに拘束。そのままグリセリン浣腸液を注入していく。「恥ずかしい~」300ccガラス浣腸器を抜くやいなや排泄をはじめる葵。「こら、早すぎる」再度グリセリン浣腸液を注入。恥ずかしい放屁音とともに排泄。再々度グリセリン浣腸液を注入。※この動画に登場する女性はAV女優ではなく浣腸調教を希望した素人女性であるため個人情報保護のため顔に修正を入れています。

1から2 を表示中 (合計: 2件)