1から12 を表示中 (合計: 16件)
憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に連泊する事になりました。 小野さち子

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に連泊する事になりました。 小野さち子

厳しくも優しく僕を指導してくれる上司の小野さち子さん。僕は小野さんに恋していた。ある日、小野さんと二人で出張。仕事も無事終わり帰ろうとしたが電車が止まってしまい仕方なく、宿を探した。やっと見つけた旅館は一部屋しか空いておらず、僕たちは同室に泊まることになってしまった。宿が用意してくれた食事をし、お酒を頂き、少し酔った小野さんに僕は我慢が出来なくなり抱きついてしまった。が、ダメと言われ僕は小野さんから離れた。しばらくして、さっきはごめんねと僕に優しくキスをしてきた。私も本当は…もじもじしながら話す小野さんの左手の薬指は、いつもしている指輪が外されていた…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に連泊する事になりました。 澤村レイコ

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に連泊する事になりました。 澤村レイコ

出来る女上司澤村さんは時に厳しく時に優しく僕を指導してくれている、僕の憧れの存在だ。今日は日帰りで温泉街で営業回り。なかなか契約も取れず、終電の時間が近づいてきた。しかし運悪く電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は澤村先輩と一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく澤村先輩に僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は澤村先輩を抱きしめていた。先輩は少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄り合い二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった。旅館を後にする時、先輩は僕のネクタイを直した。その瞳は上司のそれではなく、僕を愛おしむ女の眼差しだった…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 桐島美奈子

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 桐島美奈子

上司の桐島さんと地方出張へ。無事仕事を終え帰宅しようと駅へ向かうが、電車が動いておらず、止むを得ず宿泊施設を探すが何処も満室。やっと探し当てた旅館は一部屋しか空いておらず、僕たちは仕方なくその部屋に泊まることになった。急遽の宿泊だったが温かい食事にもありつけた。桐島さんは折角だから飲もうとお酒を勧めてくれた。お酒でほんのりピンク色になってゆく桐島さんに僕はドキッとした。少し酔ってしまった桐島さんは食事を終えると並んで敷いてある布団へ寝転んだ。はだけた浴衣から見える太ももに僕は目が釘付けになってしまった。僕はどうしても桐島さんが欲しくなり、ゆっくりと覆いかぶさった。唇を奪おうとしたが、彼女はダメと言い僕の唇を指で塞いだ。僕は恥ずかしさと気まずさで少し落ち込んだ。桐島さんは僕の隣に座ると、私でいいの?と言わんばかりに微笑んだ。僕は無言で頷くと、彼女の方から抱きつきキスをした。僕たちは一つになり、何度も何度も愛し合った…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 美原すみれ

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 美原すみれ

出来る女上司『美原すみれ』さんは時に厳しく時に優しく僕を指導してくれている、僕の憧れの存在だ。今日は日帰りで温泉街で営業回り。なかなか契約も取れず、終電の時間が近づいてきた。しかし運悪く電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は美原先輩と一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく美原先輩に僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は美原先輩を抱きしめていた。先輩は少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄り合い二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった。旅館を後にする時、先輩は僕のネクタイを直した。その瞳は上司のそれではなく、僕を愛おしむ女の眼差しだった…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 伊織涼子

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 伊織涼子

出来る女上司・伊織涼子さんは時に厳しく時に優しく僕を指導してくれている、僕の憧れの存在だ。今日は日帰りで温泉街で営業回り。なかなか契約も取れず、終電の時間が近付いてきた。しかし運悪く電車が動いておらず、仕方なく僕たちは宿泊施設を探した。やっと見つけた温泉宿だったが、1部屋しか空いておらず、僕は伊織先輩と一夜を共にする事になってしまった。急だったが夕食も豪華で露天風呂もありなかなかいい旅館に僕は何気にテンションが上がっていた。食事とともにお酒をいただき、頬がピンクに染まってゆく伊織先輩に僕は心を奪われていた。嬉しくて楽しくて何を話したかは覚えていないけど、僕は伊織先輩を抱きしめていた。先輩は少し恥ずかしそうに僕にキスをした。そこからカラダを弄りあい二人で愛し合った。翌朝、彼女のキスで目を覚ました僕は、昨日の出来事が夢ではないと、再び先輩の体を欲した。そして時間のある限りお互い求めあった。旅館を後にする時、先輩は僕のネクタイを直した。その瞳は上司のそれではなく、僕を愛おしむ女の眼差しだった…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 成宮いろは

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 成宮いろは

僕は、上司の成宮さんと地方へ出張する事になりました。同僚にはそうでもないですが、成宮さんは僕にだけ凄く厳しくて、確かに僕がうっかりミスを繰り返すので仕方がないんですけど…なので、今回は怒られない様にしっかりせねばと思っていましたが、やっぱり成宮さんに怒られてしまいました。ただ、商談は上手くいき、大口の契約を取る事ができました。さて帰ろうとなったのですが、終電を逃し、仕方なく宿を探した結果、温泉宿の一部屋だけ確保できました。成宮さんは仕方が無いと言い、僕は成宮さんと同じ部屋に泊まる事になったんです。軽く飲みながら食事をしていると、酔ってきたのかいつもの厳しい表情が消え、僕はちょっとドキッとしてしまいました。当然の様に並べて敷いてある布団で先に横になっていた成宮さんを起こさぬ様静かに布団へ向かうと、成宮さんが僕の手を掴んできたんです。眼鏡を外し、上目遣いで、潤んだ眼差し、恥ずかしそうに僕に好きと言った唇、僕の為に厳しくしてくれていたと改めて気がついた。そして僕たちは無言で唇を重ねあった…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 彩奈リナ

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 彩奈リナ

仕事ができて、綺麗で凛々しい女上司・彩奈リナさんと、地方出張。これだけでも嬉しい事なのですが、電車が止まり、仕方なく止まりになってしまいました。ビジホもカプセルホテルも無く、宿紹介所的な所でやっと見つかった宿は温泉宿。しかも1部屋敷かなく、仕方なく二人で宿泊となりました。食事を頂き、お酒も入り、お風呂に入りと、これはまるで旅行気分。再びお酒を酌み交わしていると、彩奈さんの眼差しが僕を誘っているように感じて、ゆっくり手を握り、カラダを近づけると、目をつむり唇を差し出すリナさん。僕は夢中で彼女のカラダを貪り、愛し合いました。憧れていた女性とこんな展開、しかも想像とは違い積極的に求めてきてくれるなんて、会社のみんな知らないんだろなぁ。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 山口真理

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 山口真理

上司の山口と地方に出張に行く事になった僕。当日朝からいつもの様に文句を言われながら地方での商談に向かう。商談後、2人は居酒屋に寄り酔って終電に向かうが台風の接近で電車は運行停止状態。仕方なく2人は宿を探す事にする。しかし、当日ではホテルは満室に近く一部屋のみ<ツインルーム>しか空いてない事が発覚する。僕はバツが悪そうにその事実を山口に報告する。山口は特に気にする様子もなく、酔って僕に文句を言いつつも同じ部屋で宿泊する事を許諾するが…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 渡瀬りょう

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 渡瀬りょう

上司の渡瀬と地方に出張に行く事になった部下の横山。当日朝からいつもの様に文句を言われながら地方での商談に向かう。商談後、2人は居酒屋に寄り酔って終電に向かうが台風の接近で電車は運行停止状態。仕方なく2人は宿を探す事にする。しかし、当日ではホテルは満室に近く一部屋のみ<ツインルーム>しか空いてない事が発覚する。横山はバツが悪そうにその事実を渡瀬に報告する。渡瀬は特に気にする様子もなく、酔って横山に文句を言いつつも同じ部屋で宿泊する事を許諾するが…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 葵紫穂

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 葵紫穂

上司の葵と地方に出張に行く事になった部下の横山。当日朝からいつもの様に文句を言われながら地方での商談に向かう。商談後、2人は居酒屋に寄り、酔って終電に向かうが台風の接近で電車は運行停止状態。仕方なく2人は宿を探す事にする。しかし、当日ではホテルは満室に近く一部屋のみ<ツインルーム>しか空いてない事が発覚する。横山はバツが悪そうにその事実を葵に報告する。葵は特に気にする様子もなく、酔って横山に文句を言いつつも同じ部屋で宿泊する事を許諾するが…。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら台風で帰りの新幹線が運休のため急遽現地で一泊する事になりました 澤村レイコ

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら台風で帰りの新幹線が運休のため急遽現地で一泊する事になりました 澤村レイコ

上司の澤村と地方に出張に行く事になった部下の横山。当日朝からいつもの様に文句を言われながら地方での商談に向かう。商談後、2人は居酒屋に寄り、酔って終電に向かうが台風の接近で電車は運行停止状態。仕方なく2人は宿を探す事にする。しかし、当日ではホテルは満室に近く、一部屋しか空いてない事が発覚する。

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 大橋ひとみ

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 大橋ひとみ

上司の大橋と地方に出張に行く事になった部下の横山。横山が初めて取り付けた取引きという事で大橋がフォローの為に帯同する事になった。大橋は「全く、忙しいのに…」等と小言を言いながら横山と地方に向かう。商談も無事終わり、大橋の希望で居酒屋に寄る展開になる。酒癖の悪さは社内でも評判で横山の恐れていた事が的中。大橋は悪酔いし、説教を散々聞かされた挙句に台風の接近と共に終電を逃す。大橋の指示で宿を探す横山であったが、当日ではホテルはほぼ満室、探し回った結果一部屋のみ<ツインルーム>を探しあてる。大橋は小言を言いながらも横山との同室での一夜が始まる。

1から12 を表示中 (合計: 16件)